WEB制作

大学生がエンジニアに就職する方法3選【9割が成功しますよ】

アスカ
アスカ
大学生の私はエンジニアを志望していますが、採用が全く決まりません。

エンジニアは高収入を期待できるだけでなく、需要があって仕事が安定する職業なので、本気で就職したいです。

どうやったら大学生からエンジニアに就職できますか?

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

大学生からエンジニアになりたいけど、採用がされないで困っている人は多いでしょう。文系でプログラミングを触っていない人も少なくないはずです。

この記事では、大学生がエンジニアとして就職する方法を紹介しました。

僕
9割以上の人が成功している方法なので、エンジニアになりたい人は参考にして下さい!
  • 大学生でエンジニアとして就職したいと考えている

大学生にエンジニアの就職をおすすめする3つの理由

まずは大学生にエンジニアへの就職をおすすめする理由を3つ紹介していきます。

エンジニアへの就職を悩んでいる大学生は、おすすめする理由を確認して検討しましょう。

おすすめの理由
  1. 安定している職業だから
  2. 高収入を期待できる
  3. 独立しやすい業界だから

安定している職業だから

エンジニアは需要と供給が合っていないので、仕事が無くなる可能性は限りなく低いです。

これからの時代は、AIに仕事を取られる職業が増えてくると予測されています。職業が減ると、仕事に困る人が多くなるのは明白です。

安定した職業で働きたのであれば、人手不足で需要が伸び続けるエンジニアをおすすめします。

高収入を期待できる

エンジニアの平均給料が高くなっているので、高収入を期待できます。

厚生労働省の調査で、エンジニアの平均年収は550.8万円という結果が出ました。

全体の職業の平均年収は454.5万円なので、エンジニアは高収入と言えるでしょう。

将来的にも仕事が安定する職業で高収入も期待できる為、エンジニアを目指す価値は十分にあります。

独立しやすい業界だから

エンジンアは人手不足の業界で仕事が有り余っている為、他の業界に比べて簡単に独立することができます。

会社員のままだと収入に限界があって、独立をしたいと考えている人も多いでしょう。

独立して案件を回ることができれば、会社員の収入より大きな所得を得ることができます。

WEB制作の案件を20万円で獲得→月2案件を回せば月収40万円

アプリ制作の案件を300万円で獲得→年3案件で年収900万円

上記は収入の一例ですが、案件数が少なくても一定の単価で案件を獲得すれば、正社員より高収入を得ることができます。

独立を考えている人は、エンジニアは選択肢の1つと言えるでしょう。

僕
プログラミングを学ぶと、エンジニア就職や独立など選択肢を増やすことができますよ!

大学生がエンジニアに就職する方法3選

今までの記事を読んで、大学生からエンジニアになりたいと考えている人も多いでしょう。

そこで、大学生がエンジニアになるための方法を3つ紹介します。

僕
大学生の9割以上がエンジニアになれる方法も紹介しているので、本気の人はご覧下さい。
就職する方法
  1. 未経験OKの企業に挑戦する
  2. プログラミングを学ぶ
  3. 転職保証のプログラミングスクールに通う

未経験OKの企業に挑戦する

エンジニアは人手不足の業界で人材を欲している企業が非常に多い為、未経験でも就職できる可能性はあります。

僕
未経験で就職できる企業に入社するなら、注意するべき点があります!

未経験を採用している企業は、従業員が業務を担当できるようになるまで、ブラック企業と同じレベルで研修をすることが多いです。

定時まで技術を学んで帰宅時にテスト。不合格であれば、合格するまで残業。

帰宅時には、次の日までの課題を宿題として渡される。

アスカ
アスカ
何でブラック企業レベルの研修をするんですか?

少しでも早く従業員を働けるレベルにしなければ、企業は人件費だけ払う状態なので大赤字です。従業員が業務を担当できるようになれば、企業は利益を作れます。

企業のことを考慮すると、ブラック企業のレベルで研修をしてでも、早く戦力にしたいでしょう。

僕
未経験でエンジニアを目指すのであれば、入社後は厳しい労働環境になると覚悟しておきましょう。

プログラミングを学ぶ

アスカ
アスカ
入社後にしんどいのは嫌だな…。
僕
それなら、プログラミングを学んでおいた方が良いですよ!

プログラミングを学ぶことで、企業の選択肢が増えるだけでなく、入社後も過酷な研修を受けなくて大丈夫です。

即戦力になるほどの実力を身に付けられれば最高ですが、そこまでの技術がなくても問題ありません。

未経験でも就職できる業界なので、ある程度の知識や技術があれば採用される可能性は格段に上がります。

アスカ
アスカ
プログラミングを学ぶ方法が分かりません…
僕
「独学」か「プログラミングスクール」で学べば良いですよ!

プログラミングの学習方法は、「独学」か「プログラミングスクール」の2つの方法が一般的です。

自分でプログラミングを学べる自信があるなら独学がおすすめ

エンジニアに教えてもらいたいならスクールがおすすめ

就職保証のプログラミングスクールに通う

今まで紹介した「未経験OKの企業に挑戦する」と「プログラミングを学ぶ」の方法は、確実にエンジニアに転職できるという保証はありません。

アスカ
アスカ
私は確実にエンジニアに転職したいです!

本気でエンジニアを目指しているのであれば、就職保証のあるプログラミングスクールに通いましょう。

就職保証のプログラミングスクールを受講すれば、90%以上の確率でエンジニアになることができます。

就職保証のプログラミングスクールに通うと、エンジニア就職に失敗すれば受講料金の全額返金を受けられます。

就職保証のプログラミングスクールを受講すれば、ノーリスクでエンジニアになれます。

僕
下記で紹介しているプログラミングスクールは、初心者の大学生でも95%以上がエンジニアとして就職に成功しています。

エンジニアへの就職をおすすめする大学生の特徴

今までの記事を読んで、エンジニアへの就職を迷っている大学生は多いでしょう。

そこで、エンジニアへの就職をおすすめする大学生の特徴を3つに厳選して解説していきます。

エンジニア就職をおすすめ
  1. Fラン大学生
  2. 就活に失敗した
  3. 将来に不安を抱えている

Fラン大学生

Fラン大学生は、学歴が全く関係のないエンジニア業界をおすすめします。

学齢がない大学生は入社できる企業の選択肢が限られて、ほとんどは中小企業に就職するのが現実です。

エンジニアは学歴が全く関係なく、技術力があれば大企業でも就職できます。

高学歴の人材が身に付けていない技術を習得して差別化ができれば、低学齢でも就職活動で勝負することが可能です。

僕
僕もFラン大学生なので、プログラミングを学びましたよ!

就活に失敗した

就職活動に失敗して困っている大学生は、人手不足で就職の難易度が高くないエンジニア業界をおすすめします。

エンジニアは圧倒的に人手不足の状態で、未経験で求人に応募できる企業も少なくありません。

言い換えると、少しでもプログラミングの技術があれば、簡単にエンジニアとして就職することが可能です。

就職活動で困っているのであれば、少し学習するだけで採用される可能性が格段に上がるエンジニアへの就職をおすすめします。

将来に不安をかかえている大学生

将来に仕事が無くなるのか心配になっている大学生は、需要が伸び続けるエンジニアをおすすめします。

これからは今まで以上にITの需要が伸びると予測されていますが、供給が間に合う可能性は低いです。

需要があるのに供給が足りていないのであれば、エンジニアの仕事が無くなる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

大学生がエンジニアになる為にやっておくべき3つの経験

先ほどは大学生がエンジニアになる方法を紹介しましたが、それ以外でやっておくべきことを解説します。

これから紹介する3つの経験は必須ではありませんが、経験しておくと就職活動などで付加価値になります。

やっておくべき経験
  1. アルバイトやインターン
  2. セミナーや交流会
  3. 自分で案件を回してみる

アルバイトやインターン(おすすめ)

実務経験を積むために、エンジニアの業務を担当できるアルバイトやインターンをやりましょう。

エンジニアが不足していて、ある程度の技術がある大学生をアルバイトやインターンとして採用している企業があります。

アルバイトやインターンで実務経験をすることで技術力が上がる為、エンジニアへ就職できる可能性は高いです。

それだけでなく、アルバイトやインターンで経験を積んだ企業に就職することもできます。

僕
私のWEB系の企業でインターンを経験しました!

非常に良い経験になったので、個人的におすすめします!

自分で案件を回してみる(おすすめ)

プログラミングを学んで技術を習得すれば、自分で案件を回してみるのも選択肢の1つです。

案件を回すことで、お金を稼ぎながら高い技術を習得できます。実務の経験もできるので、非常におすすめです。

案件を実績にして就職活動を行えば、面接官に行動力や技術力を評価して頂けますね。

僕
私も自分で案件を回していますよ!

大学生ながら、ライティングの案件も合わせて月20万円は稼げています。

セミナーや交流会の参加

エンジニアを目指すのであれば、セミナーや交流会に参加して最新の情報を習得しましょう。

ITの技術の進歩は非常に早いので、最新の情報を習得しなければ使えない人材になります。

セミナーや交流会に参加することで、法人企業の技術や情報を知ることが可能です。

大学生がエンジニアになる為の就職対策4選

最後に、大学生がエンジニアになる為にやるべき就職対策を4つに厳選して解説していきます。

これから紹介する対策をやれば、就職できる可能性は高くなりますよ。

4つの就職対策
  1. IT業界の情報収集
  2. ポートフォリオの制作
  3. 転職エージェントの利用
  4. IT資格の習得

IT業界の情報収集(必須)

エンジニアに就職するのであれば、IT業界の情報は収集しておきましょう。

  • 将来的にどのような技術が必要なのか
  • 現時点で需要があ技術は何なのか
  • エンジニアはどのような業務があるのか

できるだけ多くの情報を持っていることで、就職できる可能性は高くなります。

僕
情報収集は、インターネットやYouTubeで調べれば良いですよ!

後は企業説明などを受ければ、自然と情報を収集できます!

ポートフォリオの制作(必須)

ポートフォリオがあれば、面接官などに技術力や行動力をアピールすることができます。

技術があるとアピールしてるのにポートフォリオがなければ、面接官は信用できません。

未経験の状態で面接に挑むのであれば必要ありませんが、技術力を武器にするならポートフォリオを制作しておきましょう。

僕
ポートフォリオがあるだけで、面接官の印象は全く違いますよ!

転職エージェントの利用

就職活動に少しでも不安があるのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、キャリアカウンセラーから就職支援を受けることができます。

受けられる支援
  • 企業選定
  • 面接対策
  • 自己分析支援
  • エントリーシート添削

上記のような支援をプロのキャリアカウンセラーから受けられれば、採用される可能性が上がるのは明白です。

僕
就職活動を早く終わらせたい人は、サポートを受けられる転職エージェントの利用をおすすめします。

IT資格の習得

IT資格は絶対に必要ではありませんが、技術力を証明できるのでおすすめします。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • プロジェクトマネージャー
  • 情報セキュリティスペシャリスト

上記の資格は、IT業界の就職へ有利になると有名です。

ITの資格を習得しておきたいと考えている大学生は、上記から選べば間違い無いありません。

簡単なIT資格を習得しても、就職活動で意味がありません。

就職活動の為にIT資格を習得するのであれば、難しい資格を選びましょう。

大学生の9割が就職成功するプログラミングスクール

本気でエンジニアを目指している人に向けて、95%以上の確率で就職成功ができるプログラミングスクールを3つに厳選して紹介しておきます。

テックキャンプ・エンジニア転職コース

就職保証付プログラミングスクールで、知名度の受講者も日本で1位なのはテックキャンプです。

エンジニアへの就職を考えている大学生は、テックキャンプのエンジニア転職コースを選んでおけば間違いありません。

僕
テックキャンプの受講生は、99%が未経験の初心者です!

その状態からでも最短3ヶ月で就職できるので、安心して受講してください!

テックキャンプの公式サイトはこちら!

DMM WEBCAMP

プログラミングスクールの中で最高レベルの技術を習得できるのが、DMM WEBCAMPです。

就職成功率は98%で、受講者のほとんどが未経験から就職に成功しています。

カリキュラムではチーム開発などを経験できるので、実務レベルに近い高い技術を習得することが可能です。

僕
高い技術を身に付けて就職したい人は、DMM WEBCAMP をおすすめします。

DMM WEBCAMPの公式サイトはこちら!

GEEK JOB(20代は無料で受講可能)

GEEK JOBは受講料金が完全無料の、就職保証プログラミングスクールです。

アスカ
アスカ
受講料が無料って、どういうこと?

GEEK JOBを無料で受講できるということに関して、かなり疑問視している方が多いです。

無料で受講できる理由ですが、GEEK JOBの公式サイトに書いています。

プログラミングキャンプでは就職支援にて就職頂いた企業様より成功報酬を頂いていますので、セミナー参加者から代金を頂く事はございません。

簡単に話すと、あなたがGEEK JOBで転職した場合は、就職先から成果報酬としてGEEK JOBにお金が入る仕組みになっています。

GEEK JOBは企業から収入を得ているので、受講者から料金を取る必要がありません。

僕
無料でエンジニア転職保証を受けたい人は、GEEK JOBがおすすめです。

GEEK JOBの公式サイトはこちら!

大学生がエンジニア就職する方法:まとめ

この記事では、大学生のエンジニア就職について徹底解説しました。

就職する方法
  1. 未経験OKの企業に挑戦する
  2. プログラミングを学ぶ
  3. 転職保証のプログラミングスクールに通う

未経験OKの企業に就職を希望する大学生は多いので、競合が多いです。

僕
技術がなければ学歴などが判断軸になるので、就職難易度は高くなります。

プログラミングを学んでおけば、エンジニアに就職できる可能性は高くなります。

未経験でも就職できる業界なので、技術があれば面接などで失敗しない限りは十分に採用される可能性は高いです。

僕
エンジニアになるなら、プログラミングは学んでおいた方が良いですね!

プログラミングの学習方法は「独学」と「プログラミングスクール」の2つなので、興味がある人は下記の関連記事をご覧ください。

確実にエンジニアへの就職を目指すのであれば、転職保証付プログラミングスクールに通いましょう。

就職成功率が95%を超えている転職保証付プログラミングスクールは、下記で紹介しておきます。

就職保証があるスクール
  1. テックキャンプ
  2. DMM WEBCAMP
  3. GEEK JOB