プログラミングスクール

プログラミングスクールを選ぶおすすめの方法【6つのポイントあり】

アスカ
アスカ
プログラミングスクールに通いたいけど、どのように選べば良いか分かりません。

上記のような悩みを解決していきます。

プログラミングスクールに通いたけど、選び方が分からなくて悩んでいる人は多いでしょう。

この記事では、どのようにプログラミングスクールを選べば良いか、6つのポイントを踏まえながら解説していきます。

これからプログラミングスクールに通うと考えられている方は、是非ご覧下さい。

  • プログラミングスクールの入会を考えている
  • プログラミングスクールが選べなくて困っている

プログラミングスクールに通う3つの目的

プログラミングスクールを選ぶ方法を紹介する前に、そもそもの目的を確認しておきましょう。

プログラミングスクールに通う目的は、主に3つに分類されるので解説していきます。

3つの目的
  1. 就職・転職
  2. 副業で稼ぎたい
  3. フリーランス

就職・転職

エンジニアに転職する為に、プログラミングスクールに通いたいと考えている方は多いでしょう。

転職保証があるプログラミングスクールに通えば、ほとんどの確率で転職に成功できます。

独学でプログラミングを学んで、転職レベルのスキルを習得するには1年以上かかる可能性が高いです。

転職保証付きのプログラミングスクールに通えば、3〜6ヶ月で転職できます。

僕
プログラミングスクールに通う目的が転職であれば、入会する価値はありますね!

副業で稼ぎたい

プログラミングスクールに通うと、副業が稼ぐレベルのスキルは十分に身に付けることができます。

僕
私もプログラミングスクールうに通ってから、案件を獲得して稼げるようになりましたよ!

副業で月10万円を稼げるようになれば、年収が120万円も変わります。

これから会社員の給料だけで生活するのは苦しくなってくる為、個人で稼げる能力を身に付けなければいけません。

プログラミングは需要のあるスキルなので、身に付けておくと稼ぎやすいです。

僕
副業で稼ぎたいという目的があるなら、プログラミングスクールは良い選択ですね!

フリーランス

プログラミングスクールに通うと、フリーランスとして独立することも十分に可能です。

エンジニアは人手不足が深刻化しているので、会社員として活動しなくても仕事は十分にあります。

僕
大学生の僕でも案件を獲得できているので、独立は不可能ではありません!

企業に入社してから独立するのが一般的ですが、プログラミングスクールを卒業してからフリーランスになっている人も存在します。

難易度は高いですが、フリーランスになりたいと考えているなら、プログラミング習得は良い選択肢と言えるでしょう。

プログラミングスクールの3つの分け方

プログラミングスクールは、大きく3つに分けることができます。

3つの分け方
  1. オフラインorオンライン
  2. 有料or無料
  3. 転職保証の有無

オフラインorオンライン

プログラミングスクールには、「オンライン型」と「オフライン型」の2種類があります。

僕
私は完全にオンラインのプログラミングスクールを受講しましたよ!

両方にメリットとデメリットがあるので、詳しくは「プログラミングスクールは「オンライン型」or「オフライン型」?【徹底比較】」をご覧下さい。

ここは重要な部分では無いので、自分に合う方を選べば大丈夫です。

有料or無料

プログラミングスクールには、「有料型」と「無料型」の2種類があります。

アスカ
アスカ
え!?無料でプログラミングを受講できるの!?

無料のプログラミングスクールは、転職保証が付いている場合が多いです。

無料のプログラミングスクールは、受講者を提携している会社に紹介して、企業から紹介料を貰うことで利益を上げています。

無料のプログラミングスクールだと、スクールが提携している会社に就職しないといけないので、選択肢が狭いです。

僕
僕は、有料のプログラミンスクールをおすすめします!

転職保証の有無

プログラミングスクールの中には、転職保証が付いているスクールもあります。

転職保証があれば、転職に失敗しても受講料が全額返金されるので、リスクがありません。

無料の転職保証スクールでも転職できますが、選択肢が限られます。

有料の転職保証スクールであれば、自由にキャリアを選択することが可能です。

  • 副業
  • 転職・就職
  • フリーランス
僕
自由にキャリアを選択したいのであれば、有料の転職保証プログラミングスクールがおすすめです!

プログラミングスクールを選ぶ6つのポイント

今までの記事を読んで、プログラミングスクールに通う目的が明確になって、どのようなスクールがあるのか知って頂けたでしょう。

そこで、プログラミングスクールを選ぶ6つのポイントを解説していきます。

6つのポイント
  1. プログラミング言語
  2. 料金
  3. 期間
  4. 開講時間
  5. 評判
  6. 転職

プログラミング言語

プログラミングスクールによって、学べる言語は違います。

自分が学びたい言語を明確にして、それに合うプログラミング言語を学べるスクールに通いましょう。

アスカ
アスカ
何の言語を学べば良いか分かりません。

そのような方は、プログラミングスクールの無料体験を受けましょう。

無料体験を受ければ、自分が学ぶべき言語を明確に教えて頂けます。

僕
私はテックアカデミーの無料体験でプロからのアドバイスを受けて、学ぶ言語を決めましたよ!

>>テックアカデミーの無料体験はこちら

受講料金

プログラミングスクールによって、受講料金に大きな差があります。

料金は安い方が良いと思いますが、価格だけで決めるのは辞めましょう。

値段が安くても、質の悪いプログラミングスクールに通ったら、お金と時間の無駄です。

しかしながら、受講料が高いプログラミングスクールだと、手が届かない人も多いでしょう。

受講料が高いスクールに通う必要は無いので、コスパが良いスクールを選ぶことが重要になります。

僕
このサイトでは、大学生でも通えるコスパが良いプログラミングスクールを「大学生にオススメのプログラミングスクール3選【安さを重視】」で紹介しています。

期間

プログラミングスクールは、受講期間が決められている場合があります。

受講期間を長く設定すれば、ゆっくりと学習を進められますが、料金が高くなります。

受講期間を短く設定しておけば料金を安く抑えられますできますが、集中して学習しないと期間内にカリキュラムを終えることができません。

どれだけ学習時間を取れるかで期間は変わりますが、不安であれば無料体験で聞いてみましょう。

時間

プログラミングスクールは開校時間が決まっているので、自分が学習できる時間に開講しているスクールを選びましょう。

僕
僕は15時〜23時でした!

自分が学習できる時間に開講していないのに入会しても、講師から指導を受けられないので意味がないですよね。

深夜の仕事をしている人は、朝や昼に開講しているスクールを選びましょう。

朝から夕方まで働いている人は、夜に開講しているスクールを選んで下さい。

僕
自分が学習できる時間に開講しているスクールに通いましょう!

評判

プログラミングスクールに通う前に、SNSやネットで評判を調べておきましょう。

評判が良ければ、質が高いプログラミングスクールの確率は高くなります。

僕
僕はSNSとネット、公式サイトを見て判断しましたよ!

評判が良ければ、無料体験を受けてから入会するか検討しましょう。

SNSやネットの口コミの中には、ステマが含まれている可能性があるので、少し疑いながら見ることをおすすめします。

転職保証の有無

転職を考えているのであれば、転職保証の付いているプログラミングスクールに通いましょう。

アスカ
アスカ
転職保証スクールだと値段が高いから、普通のスクールでスキルを身につけてから転職したら良いんじゃないの?

上記の考え方も良いですが、転職保証が無いと全額返金などの対応がありません。

本気で転職をしたいのであれば、転職保証があるプログラミングスクールに通いましょう。

転職保証があるプログラミングスクール
  1. DMM WEBCAMP←通学型の転職保証プログラミングスクール
  2. テックキャンプエンジニア転職←オンライン型の転職保証プログラミングスクール
  3. GEEK JOB←無料の転職保証プログラミングスクール

プログラミングスクールを選び方:まとめ

この記事では、プログラミングスクールを選び方を6つのポイントから紹介しました。

6つのポイント
  1. プログラミング言語
  2. 料金
  3. 期間
  4. 開講時間
  5. 評判
  6. 転職保証

上記を考慮して、自分に合うプログラミングスクールを選んで下さい。

おすすめのプログラミングスクールはこちら!