プログラミングスクール

【エンジニア志望者だけ見て下さい】転職保証プログラミングスクールとは?

アスカ
アスカ
これからエンジニアに転職したいので、転職保証プログラミングスクールに通いたいと考えています!

そこで、転職保証プログラミングスクールについて教えて下さい!

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

これから需要が伸びるエンジニアの職業に興味があり、転職したいと考えている人は多いでしょう。

しかしながら、エンジニアは技術職なのでスキルが無ければ就職することができません。

本記事では、エンジニア転職できるレベルのスキルを習得できる転職保証プログラミングスクールの仕組みやメリット・デメリットを徹底解説しました。

僕
転職保証プログラミングスクールに通ってエンジニアへ転職したいと考えている人は、是非最後までご覧下さい!
  • エンジニアとして転職したい
  • 転職保証プログラミングスクールについて知りたい

転職保証プログラミングスクールの仕組み

転職保証プログラミングスクールは、スクールがエンジニアを欲している企業と提携して、受講生を紹介することで転職を成立させる仕組みになっています。

エンジニアは圧倒的に人手不足になっている為、スキルを持っている人材であれば簡単に就職することが可能です。

プログラミングスクールで実務レベルのスキルを習得した受講生を、エンジニア不足の企業に紹介すれば簡単に転職が成立します。

その為、受講者に実務レベルのスキルを習得させられる自信があるプログラミングスクールは、オプションとして「転職保証」を付けているようです。

転職保証と転職支援の違いは?

現在のプログラミングスクールでは、転職保証と転職支援のどちらかをサービス内容に組み込んでいるプログラミングスクールがほとんどです。

では、転職保証と転職支援にはどのような違いがあるのでしょうか。

転職支援とは?

転職支援とは、スクールを受講している生徒が転職に成功するよう、スクール側から手厚いフォローを行って頂けるサービスを指します。

カウンセリングや面接対策など転職に必要な支援を受けることが可能です。

しかしながら、転職支援の場合は受講者が転職できなくても受講料金の返金などの保証を受けることができません。

僕
あくまで転職支援は、受講生の転職活動をサポートするだけだと覚えておきましょう!

転職保証とは?

転職保証は、転職できなければ授業料の全額返金という保証を受けることが可能です。

全額返金という保証は非常に魅力的ですが、スクールもリスクを背負っているので授業料が高くなる傾向が授業料が高くなる傾向があります。

また、30代以上は転職保証を利用できないなどの年齢制限が設けられているケースが多いです。

プログラミングスクールを選定する際には、事前に確認をして確実に転職保証を受けられるスクールを選択しなければいけません。

僕
本気でエンジニアに転職したいと考えているなら、転職保証がおすすめです!

転職保証プログラミングスクールのメリット

それでは、転職保証プログラミングスクールを受講するメリットを解説していきます。

3つのメリット
  • 全額返金を受けられる
  • 企業レベルの技術が身に付く
  • ポートフォリオができる

全額返金を受けられる

転職保証のサービスが付いているプログラミングスクールは、転職に失敗すると受講料の全額返金を受けられる仕組みになっています。

例えば、プログラミングスクールの中でも人気が高いDMM WEBCAMPでは「3ヶ月で転職が決まらなければ受講料を全額返金」してもらえます。

その他にも、プログラミングスクールによっては様々な条件での返金保証制度が付いています。返金制度に関してはプログラミングスクールごとによって変わる為、事前に情報収集するなどをして確認しておきましょう。

企業レベルの技術が身につく

転職保証のサービスをつけているプログラミングスクールでは、受講生に実務レベルのスキルを習得させる為に、かなり難易度の高いカリキュラムが構成されています。

転職保証プログラミングスクールは、受講生を企業に就職させなければ受講費を全額返金しなければいけません。

その為、受講生の技術を企業が欲しいと感じるレベルにまで上げる必要があります。

僕
転職保証プログラミングスクールは、企業が求めるレベルのスキルを習得することができますよ!

ポートフォリオができる

プログラマーとして自立をしていくうえで、ポートフォリオの有無は欠かすことができない内容となっています。

プログラミングスクールの中には、実際に学習する中でオリジナルのサービスを作るカリキュラムを導入しているところがほとんどです。

もちろん、そういったところで作ったサービスに関しては、自分のポートフォリオとして経歴に残すことができるので、プログラマーとして転職するうえで大きな支えとなるでしょう。

僕
転職保証プログラミングスクールでは、転職に大きく役立つポートフォリオを実務経験豊富なエンジニアのアドバイスを受けながら作ることができますよ!

転職保証プログラミングスクールのデメリット

ここまでは転職保証プログラミングスクールのメリットについて解説しましたが、次はデメリットについても解説していきます。

3つのデメリット
  • 受講費が高い
  • 学びたい言語を選べない
  • 企業を好きに選べない

受講費が高い

転職保証プログラミングスクールのほとんどが、普通ののプログラミングスクールに比べて受講費が割高になっています。

しかしながら、転職保証はプログラミングスクール側にもリスクがあるので、受講費が普通のスクールより高額になるのは仕方ありません。

少し高い受講費を払うだけで転職保証を受けられると考えれば、受講する価値はあると言えるでしょう。

学びたい言語を選べない

転職保証プログラミングスクールは、需要があるプログラミング言語しか学ぶことができません。

なぜなら、需要のないプログラミング言語だと企業の選択肢が大きく限られるからです。

現在(2021年5月11日)だと、Javaを採用している転職保証プログラミングスクールが多くなっています。

自分が本気で学びたいと感じる言語が決まっているのであれば、普通のプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

企業を好きに選べない

転職保証プログラミングスクールに通うと、スクールから紹介される企業へしか就職できない為、自由に企業を選ぶことができません。

その為、転職保証プログラミングスクールを選定する際は、どれだけ多くの提携企業があるのか確認しておくことが大切です。

例えばスクールの提携先企業が10社だと、選択肢が10しかありません。

スクールの提携先企業が100社だと選択肢が非常に多く、自分に合う企業を見つけることができるでしょう。

僕
転職保証プログラミングスクールに通う場合は、どれだけの提携企業があるのか確認することが大切ですよ!

転職保証プログラミングスクールを利用する際の注意点

ここまでは、転職保証プログラミングスクールのメリットとデメリットについて解説してきました。

それを踏まえて、転職保証のあるプログラミングスクールを選ぶ際に注意するべきことを解説していきます。

注意するべきこと
  • 自分で学習意欲を持つ
  • 全額返金を受けられない可能性あり
  • 最優先でスクールに通う

自分で学習意欲を持つ

転職保証プログラミングスクールは技術を学べる環境ですが、受講生に学習意欲が無いとスキルを習得することはできません。

その為、プログラミングスクールを受講する目的を明確にして学習意欲を持つことが大切です。

せっかくプログラミングスクールに入学しても、学習意欲が無くては身につかないですし、資金も無駄になってしまうので目的は明確にしておきましょう。

僕
学ぶ気のない人がスキルを習得できるほど、プログラミングは甘くありませんよ!

全額返金を受けられない場合あり

全額返金保証のついているプログラミングスクールもありますが、そういった保証には必ず何かしらの条件が付いている場合がほとんどです。

その為、転職保証プログラミングスクールを受講する場合は、契約の際にそういった条件面などをきちんと確認をするようにしましょう。

もちろん、プログラミングスクールが提示した条件を達成していない場合は全額返金を受けられないので、どのような条件があるのか確認をすることが大切です。

最優先でスクールに通う

プログラミングスクールを受講すると授業や自習などに時間を奪われる為、できるだけ多くの学習時間を確保しなければいけません。

その為、プログラミングスクールを受講したらそこでの学習の機会をきちんと確保できるように、優先順位を高くして計画的に学習を進めていきましょう。

思っていた計画と違って上手く学習が進まない場合は、プログラミングスクールの先生と相談しながら自分のペースで進めていくことも大切です。

転職保証プログラミングスクールを受講するべき人

それでは、転職保証プログラミングスクールをおすすめする人を解説してきます。

受講するべき人
  • エンジニアになりたい
  • 安定した職業で働きたい
  • 早く就職・転職したい

エンジニアになりたい

エンジニアになりたいと考えている人は、転職保証プログラミングスクールに通う価値があると言えるでしょう。

スクールも受講生をエンジニアにしなければ収益を作ることができない為、本気で指導をしてくれます。

僕
エンジニアになりたいと考えているなら、転職保証プログラミングスクールは非常に良い選択肢と言えるでしょう。

安定した職業で働きたい

エンジニアは人手不足の業界で、スキルを身に付ければ仕事に困る可能性は限りなく低いです。

これから多くの業界は人工知能(AI)に業務を代替されて、仕事が無くなる人が増えると予測されています。

それだけでなく、新型コロナウイルス感染症による影響でコロナ倒産というワードが出てくるくらい、今まで安定しているとされていた仕事をしていたのに失業したという話もよく聞くようになりました。

しかしながら、コロナウイルスの状況でもITの業界は利益を上げ続けていて、エンジニアは安定して仕事をできています。

僕
需要が伸び続けるエンジニアは、安定して働くことができますよ!

早く就職・転職したい

転職保証プログラミングスクールは数ヶ月でエンジニアへ転職できるので、早く就職・転職したいと考えている人に非常におすすめです。

今の仕事の条件や待遇が合わなくて、早くエンジニアへ転職したいとなどを考えている人は多いでしょう。

もちろん最初のうちは未経験なので、エンジニアへ転職しても一気に収入が上がる可能性は低いです。

しかしながら、継続して業務をこなしたり自分自身のスキルを上げていくことで収入を上げられます。またエンジニアはリモートワークが進んできている業種なので、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることが可能です。

僕
早く現状の仕事から抜け出したいと考えているなら、転職保証プログラミングスクールに通って数ヶ月でエンジニアに転職しましょう!

転職保証プログラミングスクールの選び方

今までの記事を読んで、転職保証プログラミングスクールに通いたいと考えている人は多いでしょう。

それでは、どのように転職保証プログラミングスクールを選べば良いのか解説していきます。

スクールの選び方
  • 学べるプログラミング言語
  • 受講期間やスタイル
  • 就職成功率
  • 働きたい会社

学べるプログラミング言語

まずは、自分がどんなサービスやシステムを作りたいのか、プログラミングの技術を習得して何をしたいのかを明確化しましょう。

目的を明確化させることで、学ぶべきプログラミング言語を把握できます。

そこから、自分が習得したい言語を学べるプログラミングスクールを選択することで、目的を達成することが可能です。

受講期間やスタイル

転職保証プログラミングスクールでプログラミングを学ぶ目的は、エンジニアへ転職・就職する為でしょう。

その為、いつまでに就職や転職をするのかという期限を決めたうえで、その期限内に必要な知識を全て学べるような受講期間のコースを持っているスクールを選ぶことが大切です。

また、プログラミングスクールによっては、専任のメンターさんがついて分からないところを質問したり、実習の中でつくったサービスに関してのフィードバックなどをもらえるところなど様々なスタイルがあります。

何個か気になるプログラミングスクールが出てくるのであれば、受講期間やスタイルの中で自分に適しているものを選ぶことが大切です。

就職成功率

本気でエンジニアに転職したいと考えているのであれば、転職保証プログラミングスクールを選定する際に、スクールの就職成功率は確認しておきましょう。

就職成功率などを記載していない転職保証プログラミングスクールは、実績が無い可能性が高いので受講するのは辞めた方が良いです。

ちなみに、転職保証プログラミングスクールは多く企業とのコネクションがあるケースが大半なので、比較的に就職成功率は高くなっています。

働きたい会社で選ぶ

プログラミングスクールを卒業した後にどのような企業に就職したいのか明確にした上で、その業種に就職できるスクールに通うことをおすすめします。

ちなみに、プログラミングを扱う会社は大きく下記の3種類に分けることができます。

3つの種類
  • システム会社
  • WEB制作会社
  • アプリ開発会社

システム会社

システム会社は、企業が使っているシステムなどの作成や保守管理というところがメインの業務になります。

今後も様々なシステムが作られていくので、システム開発に必要なプログラミング言語を身につけることができれば、安定した職を得ることが可能です。

WEB制作会社

WEB制作会社は、ホームページ制作やWEBサービスに関するプログラムの作成や保守管理などがメインの業務です。

ホームページに関しては、大企業だけでなく中小企業や個人事業主などでも需要が高まってきています。その為、スキルを身に付ければ多くの業務を請け負うことが可能です。

WEBサービスに関しては、スマホアプリより手頃に構築できる為、非常に需要が伸びています。

サービス開発に必要なプログラミング言語を扱えるプログラマーの需要が高まっている為、WEB制作会社への就職を目指すのも選択肢の1つです。

アプリ開発会社

アプリ開発会社では、アプリの開発から保守管理まで運用の一連の流れを請け負う業務が任せられます。

アプリ開発のプログラミング言語は難易度が高いですが、エンジニアも圧倒的に不足しているので、スキルを身に付ければ安定して働くことが可能です。

転職保証プログラミングスクールに通わないで転職する方法

情報商材屋
情報商材屋
私は30代なので、転職保証プログラミングスクールに通えません…。

そこで、転職保証プログラミングスクールに通わないでエンジニアになる方法を教えて下さい!

上記のような悩みを持っている人に向けて、転職保証プログラミングスクールに通わないで転職する方法を解説していきます。

独学する

独学でプログラミングを習得してポートフォリオを作成後に、転職活動を行うのも選択肢の1つです。

大きな費用もかからないですし、自分が学びたいという言語を好きに学べるというメリットがあります。

しかしながら、分からないことなどがあった時に質問することができない為、全て自分で解決する必要があります。それだけでなく、自分で教材を探すなどの手間が必要です。

【独学できます】プログラミングを学べる学習サービス3選と学習手順この記事では、プログラミング初心者でも利用できる学習サービスを3つ紹介しました。プログラミングスクールに通わなくてもスキルを習得できるサービスなので、ぜひ利用して下さい。これから独学でプログラミングを学ぶ方は必見です。...
プログラミングの独学期間は〇〇時間【早く習得する3つ方法】プログラミングを独学で学習しているけど、どれくらいの期間を目処に頑張れば良いか分からない人は多いでしょう。この記事では、プログラミングを独学で習得する為に必要な期間を解説しています。これから学習を始める方や、既に学習している方はご覧下さい。...
プログラミングを学ぶならスクールor独学?【両方を体験した感想】プログラミングを始めたいけど、学習方法を独学かスクールで迷っている人は多いでしょう。この記事では、独学とスクールを徹底比較して解説していきます。これからプログラミングの学習を始めていく人は、是非ご覧下さい。...

普通のプログラミングスクールに通う

独学で学習するのが不安だと感じる人は、普通のプログラミングスクールに通うという方法もあります。

普通のプログラミングスクールでも、学習内容や教えてくれる講師陣のレベルは転職保証プログラミングスクールと遜色ありません。

転職支援を行なっている場合もあるので、複数のスクールを比較して最も転職に近いと感じるプログラミングスクールを選びましょう。

>>おすすめのプログラミングスクールはこちら!

まとめ

本記事では、転職保証プログラミングスクールについて徹底解説しました。

受講するべき人
  • エンジニアになりたい
  • 安定した職業で働きたい
  • 早く就職・転職したい

上記のような人は、転職保証プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

転職保証があるプログラミングスクール
  1. DMM WEBCAMP←通学型の転職保証プログラミングスクール
  2. テックキャンプエンジニア転職←オンライン型の転職保証プログラミングスクール
  3. GEEK JOB←無料の転職保証プログラミングスクール