ライター・ブロガー

【誰でも簡単】未経験からWEBライターになる方法|3つのアドバイスあり

アスカ
アスカ
WEBライターになりたいけど、何をしたら良いのか分かりません…。

未経験からWEBライターになる方法を教えて下さい!

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

これからWEBライターになりたいと考えている人は多いでしょう。

そこで本記事では、未経験からWEBライターになる方法や覚悟しておくべきことを徹底解説しました。

僕
未経験からWEBライターとして独立した私が記事を書いているので、是非参考にして下さい!
【経験者が解説】WEBライターとは?主な仕事内容や6つの必要スキルありこれからWEBライターとして活動していきたいと考えている人は多いでしょう。しかしながら、大半の人はWEBライターを上手く認識することができていません。そこで本記事では、経験者の私が主な仕事内容や必要スキルについて徹底解説しました。これからWEBライターを目指す方は、是非ご覧下さい。...
  • 未経験からWEBライターになりたいと考えている

未経験からWEBライターになれる3つの理由

WEBライターになるのは難しいと感じている人も多いですが、現実は誰でもなることが可能です。

そこで、未経験でもWEBライターになれる理由を3つに厳選して解説していきます。

WEBライターになれる理由
  • 資格が必要ない
  • そこまで難しくない
  • 案件が多い

資格が必要ない

WEBライターになる為に資格などは必要ない為、誰でもWEBライターになれます。

例えば医者や公認会計士は、専門の資格を習得しなければ名乗ることができません。

WEBライターは絶対に習得しなければいけない資格は無いので、誰でもなることが可能です。

WEBライター検定という資格はありますが、実績になるレベルではないので、基本的には習得しなくて大丈夫です。

僕
WEBライターは専門資格が必要ないので、誰でもなることができますよ!

そこまで難しくない

WEBライターの仕事は、他の専門業務に比べると、そこまで難しいものではありません。

プログラミングなどは非常に難易度が高く挫折する人も多いですが、WEBライターはパソコンで文章を書くことができれば十分に仕事として成り立ちます。

もちろん文章を綺麗に書く技術やWEBの専門知識(SEOなど)は習得する必要がありますが、そこまで難しくないので勉強すれば身に付けることが可能です。

僕
そこまで難しくないので、しっかり勉強すれば確実に仕事を習得できますよ!

案件が多い

WEBライターは案件が多く、ある程度のスキルを身に付ける簡単に仕事を取ることができます。

例えばクラウドソーシングを使うと、毎日のように何十件の案件の募集が行われています。

WEB制作など他の副業に比べて案件の数が多いので、仕事を受注できる可能性が高いです。

僕
案件の数が多いのは、WEBライターの大きなメリットですよ!

未経験からWEBライターになる方法2選

それでは、WEBライターになる方法を徹底解説していきます。

WEBライターになる方法
  • 会社に入社する
  • フリーランスとして働く

会社に入社する

確実にWEBライターになりたいのであれば、会社に入社するという選択肢を取りましょう。

求人サイトを見てみると、WEBライターを募集している企業は普通に存在します。

会社に入れば必然的に仕事ができるので、WEBライティングの経験を積むことが可能です。

いきなり個人で仕事を取るのが不安であれば、会社に入社するのも選択肢の1つでしょう。

僕
安定した収入を得ながらライティングの案件を回せるのは、会社員の大きなメリットですよ!

フリーランスとして働く

ある程度のスキルがあるのであれば、フリーランスとして働くのも選択肢の1つです。

フリーランスになるためには、企業や個人のクライアントから仕事を受注する必要があります。

案件を受注できると収入を増やすことができますが、営業が上手くいかないと全く稼げない可能性も十分に考えられます。

僕
フリーランスは安定していませんが、スキルがあって案件を受注できるのであれば会社員より大きく稼ぐことができますよ!
WEBライターの副業の始め方や手順を徹底解説【20万円稼いでます!】これからWEBライターの副業を始めたいと考えている人は多いでしょう。本記事では、WEBライターとして月20万円を稼げた私が、副業の始め方や手順、メリットやデメリットを徹底解説しました。これからWEBライターの副業を始めたいと考えている人は、是非最後までご覧下さい。...

未経験のWEBライターが覚悟するべき4つのこと

それでは、未経験のWEBライターが覚悟するべきことを解説していきます。

覚悟するべきこと
  • 簡単に案件を受注できない
  • 大金を稼ぐことは難しい
  • 常に勉強が必要
  • 競合ライターが増えてく

簡単に案件を受注できない

未経験のWEBライターは、実績がないので案件を受注するのが非常に難しいです。

案件を受注して稼げるようになるまでは、少し時間が掛かると覚えておきましょう。

僕
僕も最初は案件を獲得するのに時間が掛かりました!

大金を稼ぐことは難しい

WEBライターで月100万円などを大金を稼ぐのは難しいと覚えておきましょう。

未経験WEBライターだと文字単価は0.5円程度になるので、10万文字を書いたとしても5万円しか稼ぐことができません。

基本的にはWEBライターとして稼げるようになっても、月20万円〜30万円になると覚えておきましょう。

僕
僕もWEBライターの案件は、月に20万円程度の収入になっていますよ!

常に勉強が必要

WEBライターは求められる技術が複数あるので、常に勉強しなければいけません。

  • SEO
  • WEBマーケティング
  • セールスライティング
  • WordPressの記事装飾
  • 読みやすい文章を書く

例えば、WEBライターは上記のようなスキルが必要になります。

僕
常に学習しなければ、市場価値が下がって稼げなくなりますよ!

競合のライターが増えていく

WEBライターは参入障壁が少なく副業からでも取り組みやすい為、かなり数が増えている状態です。

しかしながら、競合のWEBライターが増えてきても、ほとんどが大した技術を持っていないので、しっかりと学習すれば十分に稼ぐことができます。

僕
他の多くのWEBライターが持っていないスキルを習得すれば、競合が増えても問題なく稼げますよ!

未経験のWEBライターが踏むべき5つの手順

今までの記事を読んで、WEBライターになりたいと考えている人は多いでしょう。

そこで、未経験からどのような手順で成功していけば良いのか解説していきます。

踏むべき手順
  1. ライティングの学習をする
  2. ポートフォリオを構築する
  3. 案件を受注して実務を経験する
  4. 仕事を経験してスキル・実績を増やす
  5. ディレクターに昇格

①ライティングの学習をする

まずは案件を獲得する為に、ライティングの学習を始めましょう。

  • 書籍
  • スクール
  • YouTube
  • ブログ・メディア

基本的には、上記の4つの学習方法があります。

どの学習方法でも良いですが、とりあえず知識を習得して文章を書き続けましょう。

どれだけ知識を習得しても、実際に記事を執筆しなければ成長することはできません。

僕
僕はブログ・メディアや書籍で知識を習得して、ひたすらブログで記事を書き続けましたよ!

②ポートフォリオを用意する

ライティングのスキルを身に付けることができれば、ポートフォリオを用意しましょう。

ポートフォリオを用意することで、クライアントに自分の技術を提示することが可能です。

WEBライターであれば、ブログに記事を書いてポートフォリオにすることをおすすめします。

僕
僕は未経験の時にブログをポートフォリオで営業しました!

その結果、いきなり文字単価1円(平均0.5円)の案件を受注することができましたよ!

③案件を受注して実務を経験する

ポートフォリオを用意できたら、営業して案件を受注していきましょう。

案件を回すのが不安で躊躇している人も多いですが、実務経験をしなければ成長することができません。

ある程度のスキルが身に付いたと感じているのであれば、案件の受注を進めましょう。

仮にポートフォリオを持って営業したにも拘らず、案件を受注できないのであれば、それは実力不足と判断できるます。その場合は、ポートフォリオの質を上げる為に学習を進めましょう。

僕
僕も案件を受注して実務経験を増やして、スキルや実績を増やしていきましたよ!

④仕事を経験してスキル・実績を増やす

案件を受注できるようになれば、できるだけ数をこなしてスキル・実績を増やしていきましょう。

まずは単価が低くても良いので案件を受注して、評価や実績を増やすことが大切です。

評価と実績を増やすことができれば、案件を受注する難易度も低くなり、高単価の案件も取れるようになります。

僕
最初から稼ぐのは難しいので、未経験の人は地道に実績や経験を増やすことに注力して下さい!

実績と経験を積むことができれば、稼げるようになりますよ!

⑤ディレクターに昇格

WEBライターとして一定の経験を積むことができれば、ディレクターの業務に回るようにしましょう。

もちろんWEBライターとして稼ぐのも素晴らしいことですが、作業に対しての対価になるので、収入の限度が30万円程度になります。

ディレクターの主な業務は、プロジェクトの企画・立案・制作の管理です。

具体的には担当しているライターに記事の作成を依頼するほか、出来上がった記事の文章を校正などがあります。

またライティング以外にも、複数の業務を管理する能力やサイトを運営する上でのWEBマーケティングスキルも必要です。

僕
WEBライターとして稼ぐのは限界があるので、ディレクターなどの業務に回ることを目指しましょう!

未経験のWEBライターに3つのアドバイス

今までの記事を読んで、WEBライターに興味を持った人も多いでしょう。

最後に、WEBライターに3つのアドバイスをしておきます。

3つのアドバイス
  • とりあえず案件に応募してみる
  • SNSで有名ライターをフォロー
  • 自分とプロの記事を比較して真似る

とりあえず案件に応募してみる

稼げるようになるには仕事をするしかないので、とりあえず案件に応募していきましょう。

案件に応募して仕事を回していくと、お金を稼ぎながら足りないスキルを身に付けることができます。

未経験のWEBライターでもクラウドソーシングを使えば案件を受注できる可能性は十分にあるので、是非挑戦して下さい。

おすすめのクラウドソーシング
  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. ココナラ

SNSで有名ライターをフォロー

有名ライターさんはTwitterやYouTubeで有益な情報を発信している為、フォローして情報収集することをおすすめします。

それだけでなく、ライターによっては案件を募集している場合もあるので、SNSの営業で稼げる可能性も高いです。

教材を販売していたりオンラインサロンを運営しているライターさんもいるので、興味があれば購入または参加すると良いかもしれませんね。

僕
僕もSNSで有名ライターやブロガーをフォローしていますよ!

自分とプロの記事を比較して真似る

自分とプロの記事を比較して、違う部分は徹底的に真似るようにしましょう。

自己流の記事を書くのも良いですが、未経験のWEBライターだと大半は文法や言い回しがおかしくなっています。

プロのWEBライターの多くはブログを持っているので、是非参考にしてみましょう。

僕
未経験のWEBライターは、いきなり自己流で書くのではなく、プロの記事を真似ることが大切ですよ!

未経験のWEBライターについて:まとめ

本記事では、未経験からWEBライターになる方法や覚悟しておくべきことなどを徹底解説しました。

主にWEBライターになる方法は、「会社員」と「フリーランス」になりますが、おすすめはフリーランスです。

会社員に入ると収入は固定で稼ぐことができず、WEBライター以外にも多くの雑務をしなければいけません。

本気でスキルを習得したいのであれば、自分で案件を受注して稼げるように頑張りましょう。

僕
僕も独学でスキルを身に付けて、大学在学時にフリーランスになりましたよ!