ライター・ブロガー

WEBライターの副業の始め方や手順を徹底解説【20万円稼いでます!】

アスカ
アスカ
会社の収入だけでは生活が厳しいので、副業を始めたいと考えています!

そこで、副業の中でも人気のある「WEBライター」について教えて下さい!

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

近年、「働き方改革」などによって、以前は認められなかった副業を企業が認めることが徐々に増えてきました。現在では、会社員の副業は当たり前になっています。

副業には多くの種類がありますが、未経験でも仕事が始めやすいWEBライターは非常に人気です。

そこで本記事では、これからWEBライターを副業として始めようと考えている人のために、始め方や稼ぐ方法などについて徹底解説しました。

【学生もできる】誰でも再現性のあるおすすめ副業9選(注意点あり)副業を始めたいと考えているけど、どれを選べば良いか分からないと悩んでいる人は多いでしょう。この記事を読めば、学生でもできる9つの副業を知ることができます。注意点もあるので、これから副業を始める人は参考にして下さい。...
  • WEBライターについて知りたい
  • これから副業を始めようと考えている

WEBライターの副業で稼げる収入は?

副業のWEBライターは、平均的に3万円〜10万円程度の収入を得ることができます。

稼いでいるWEBライターだと、20万円を超えるケースもあります。

WEBライターによって収入が大きく異なる理由は、文字単価や執筆量が人によって異なるからです。

本気で稼ぎたいのであれば、文字単価を上げて執筆量を増やすことが大切になります。

僕
僕は大学生ですが、WEBライターの案件で月に15万〜25万円を稼いでいますよ!

WEBライターの副業を始める4つのメリット

WEBライターの副業を始めることのメリットには、以下の4つが挙げられます。

メリット4選
  • どこでも稼げる
  • 転職できる可能性あり
  • 専門スキルを身につけられる
  • 自分の実力で時給を上げられる

どこでも稼げる

WEBライターは、基本的にパソコン1台とネット環境があればどこでもできる仕事です。

自宅でもカフェでも、コワーキングスペース(※1)などでも作業ができてしまいます。

※1 コワーキングスペース:作業スペースや打合せスペース、会議室などを個人や企業などで共有し、それぞれが独立して作業を行う場所のこと。

また、納期さえ守れば、仕事をする時間も自分で自由に決められるので、本業以外の空き時間を使って、いつでも作業することも可能です。

僕
パソコンがあれば、いつでもどこでも稼ぐことができますよ!

転職できる可能性あり

WEBライティングのスキルを身に付けることができれば、転職できる企業の選択肢を増やすことができます。

インターネットの需要が伸び続けていることで、WEBライターを採用している企業は非常に多いです。

WEBライティングの案件を回してクライアントに気に入って頂ければ、クライアント企業や関連企業から声が掛かって転職できる可能性があります。

また、WEBライターとして副業で案件を回していくと、WEBの専門知識やライティングスキルが身について、WEBマーティング会社やWEBメディアの運営会社などに就職することも可能です。

僕
就職できる企業の幅を広げたいのであれば、WEBライターの副業は非常におすすめです!

専門スキルを身に付けられる

ライティングの案件を行っていくと、「ライティングスキル」「SEOスキル」「WEBマーケティング知識」などの専門スキルが身につきます。

専門スキルが身に付くと、転職や企業など多くの選択肢を増やすことが可能です。

自分のスキルを増やしたいのであれば、ライティングを学ぶのは良い選択肢と言えるでしょう。

僕
専門的なスキルを身に付けることで、自分の市場価値を上げることができますよ!

自分の実力で時給を上げられる

ライティングの案件は基本的には記事単価で収入が決まる為、自分の実力で時給を上げることができます。

例えば、文字単価1円で1時間の執筆文字が1000文字だと時給1000円になりますが、1時間の執筆文字を2000文字に変えると時給2000円になります。

タイピングのスピードを上げて時給単価を高くするのも選択肢の1つですが、文字単価を上げて収入を増やすパターンもあります。

僕
自分の努力次第で簡単に収入を増やせるのが、WEBライターの大きなメリットと言えるでしょう!

WEBライターの副業を始める3つのデメリット

WEBライターの副業を始めるにあたってはデメリットもあるので、順に解説していきます。

デメリット3選
  • 最初は低単価
  • 文章を書くのに慣れない
  • クライアントが面倒な場合がある

最初は低単価

WEBライター初心者は、実績を増やす為に「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトに登録して、案件を受注するのが一般的です。

しかしながら、駆け出しの頃は実績がなく専門スキルも高くないので、文字単価の高い案件に提案しても受注できません。

その為、仕事を受注するには、どうしても低単価の案件に応募しで執筆することになります。

僕
実績を積んで高単価の案件を取る為に、最初は低単価になると覚悟しておきましょう!

文章を書くのに慣れない

普段から文章を書いていない場合は、慣れるまでは記事を執筆するのに手間と時間がかかってしまいます。

記事執筆を早くできるようになるには、とりあえず文章を書くことが大切です。

僕
ライター初心者は、文章を書くのに慣れていないので、記事執筆に多くの時間を要します!

慣れるまでは文章を書きまくることが大切ですよ!

クライアントが面倒な場合がある

WEBライティングの案件を回していると、面倒なクライアントと仕事をする可能性があります。

  • 高圧的な態度を取ってくる
  • 執筆中に案件の内容が大きく変わる
  • マニュアルがなくて、記事を納品すると多くの修正が入る
  • 納品しているにも拘らず、全く連絡が取れなくなる
僕
しっかりと仕事を見定めなければ、面倒なクライアントと取引しなければいけない状態になる可能性もありますよ!

WEBライターの副業の始め方

今までの記事を読んで、WEBライターの副業を始めたいと考えている人も多いでしょう。

そこで、WEBライターの副業の始め方を解説していきます。

副業を始める手順
  1. 勉強してスキルを習得
  2. 低単価で案件を獲得して実績を積む
  3. 単価交渉を始める

①勉強してスキルを習得

まずは案件を受注する為に、WEBライティングを勉強してスキルを習得しましょう。

  • 読みやすい文章の書き方
  • コンテンツSEO
  • ワードプレス

最低限でも、上記のスキル・知識は持っておく必要があります。

WEBライティングの学習方法ですが、基本的にはネットや書籍、YouTubeなどで学べば問題ありません。

僕
まずは案件を受注するために、WEBライティングを学びましょう!

②低単価で案件を獲得して実績を積む

ある程度のスキルを習得したら、クラウドソーシングサイトに登録してライティングの案件を受注しましょう。

初心者WEBライターは実績がなく実力不足なので、簡単に案件を受注できない可能性も高いです。

しかしながら、営業数を増やしていくことで受注できる可能性は十分にあります。

案件が受注できないのであれば、低単価で提案してでも実績を作っていきましょう。実績ができれば、将来的には高単価の案件を受注できます。

僕
高単価の案件に応募して永遠に受注できないより、早くから低単価の案件を受注した方が将来的に稼げるようになりますよ!

③単価交渉を始める

「実績が増えてきたタイミング」や「受注が増えて案件を回せない状態」で、単価交渉を始めましょう。

どこかしらのタイミングで単価交渉を行わなければ、ライターとしての価値を上げることができません。

本気でライターとして収入を増やしたいのであれば、単価交渉は必須になります。

僕
基本的にはクライアントから増額提案を行ってくることはないので、自分から交渉することを意識しましょう!

WEBライターの副業で稼ぐ為にやるべきこと3選

それでは、WEBライターの副業で稼ぐ方法を解説していきます。

やるべきこと
  • 毎日営業する
  • 単価交渉する
  • 実績を作って高単価案件を獲得

毎日営業する

稼ぐ為には多くの案件を受注する必要がある為、毎日の営業活動は怠らないようにしましょう。

初心者WEBライターは、クラウドソーシングサイトを利用して案件を探すことをおすすめします。

クライアントによっては、条件に合ったライターが必要な人数分応募した時点で、早期に募集を終了してしまうこともあります。

機会損失を抑える為には、毎日営業活動を行って案件の募集を確認することが大切です。

僕
僕もWEBライターの駆け出しの頃は、毎日欠かさず営業をしました!

積極的に単価交渉をする

継続的に案件を発注してくれるクライアントが見つかれば、積極的に単価交渉を行いましょう。

同じクライアントからの案件を多く納品すると、徐々に信頼関係ができてきます。

クライアント側は安価で案件を発注したいと考えますが、信頼ができる優秀なライターを簡単に手放したくはありません。

その為、継続的に案件を頂ける企業には単価交渉を行っても大丈夫です。

僕
収入を増やすには、単価交渉は必須ですよ!

実績を作って高単価案件を獲得

実績を作ることができれば、少しづつ高単価の案件に営業していきましょう。

WEBライターを始めた頃に受注できなかった案件でも、実績や経験を積めば十分に受注できる可能性があります。

僕
収入を増やしていくには、自分が積極的に動く必要がありますよ!

WEBライターの副業を始める人におすすめすること3選

最後に、WEBライターの副業を始める人におすすめすることを3つに厳選して解説していきます。

おすすめ3選
  • ブログの開設
  • セールスライティングを学ぶ
  • 文字単価1円の案件から応募する

ブログの開設

WEBライターとして副業を始めるのであれば、ブログを開設することをおすすめします。

ブログを始めることで、下記のメリットを得ることが可能です。

  • 文章の練習になる
  • SEOの勉強ができる
  • ブログから案件を受注できる
  • 営業のポートフォリオになる
  • WordPressの操作を覚えられる

WEBライターとブログは非常に相性が良いので、基本的には的には開設しておくことをおすすめします。

僕
僕もWEBライターとして活動を始める前に、ブログを開設しましたよ!

ブログをポートフォリオにして営業すると、未経験でも案件を獲得できました!

セールスライティングを学ぶ

セールスライティングを学ぶことで、商品紹介やLPライティングなどの案件を受注できるようになります。

商品を販売するためのライティングテクニックとして、セールスライティングは非常に重要です。

セールスライティングを学んでおくと、クライアントの売上を作れる記事を制作できるので、他のライターとの差別化できます。

僕
セールスライティングは、ライターが絶対に習得するべきスキルですよ!

文字単価1円の案件から応募する

WEBライターで一定の収益を作りたいのであれば、文字単価1円以上の案件を受注することをおすすめします。

WEBライターの初心者は、経験や実績を積んで評価・実績を上げ必要がある為、文字単価1円未満の低単価案件を何件か受注するのは問題ありません。

しかしながら、文字単価が低すぎると時給500円程度になる可能性も十分に考えられます。

文字単価1円の案件であれば、1時間に1000文字執筆できると最低賃金より稼ぐことが可能です。1時間に1000文字の執筆は全く難しくないので、十分に稼ぐことができます。

僕
しっかりと稼ぐ為に、文字単価1円の案件を受注するようにしましょう!

まとめ

本記事では、WEBライターとして副業を始める際のメリット・デメリット、副業と始め方や稼ぐための方法などを説明しました。

WEBライターは参入障壁が高くないので、誰でも始められる仕事です。

しかしながら、ある程度の収入を稼ぐためには、様々な工夫や努力をしなければなりません。

本記事の内容を参考にしてWEBライターを始めることで、稼げるWEBライターになることができます。