ライター・ブロガー

【経験者が解説】WEBライターとは?主な仕事内容や6つの必要スキルあり

アスカ
アスカ
これからWEBライターを始めたいと考えているんだけど、具体的にどんな仕事なのか、どのようなスキルが必要なのか分かりません…

WEBライターについて詳しく教えて下さい!

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

これからWEBライターとして活動したいと考えている人は多いですが、どのような仕事があるのか知らない人は多いでしょう。また、必要なスキルも把握できていない人が大半です。

そこで本記事では、WEBライターという仕事の業務内容や必要スキル、用意するべき物などを徹底解説しました。

  • WEBライターについて詳しく知りたい
  • これからWEBライターの仕事を始めたい

WEBライターとは

WEBライターとは、インターネット上の記事の文章を書く人のことを指します。

例えば、Google検索した時に表示される記事の文章を書いている人などはWEBライターです。他にもLINEニュースなどアプリに掲載されている記事を執筆している人も、WEBライターと言われます。

WEBライターの仕事内容は過去に比べて種類が多くなっている為、確認していきましょう。

WEBライターの仕事内容5選

それでは、WEBライターの主な仕事内容を5つに厳選して解説していきます。

5つの仕事内容
  • オウンドメディアの記事作成
  • ECサイトの商品紹介ページの作成
  • ネット広告・ホームページの文章
  • セミナーなどの文字起こし
  • YouTubeやセミナーの台本作成

オウンドメディアの記事作成

WEBライターの中で最も多い仕事は、オウンドメディアの記事作成になります。

オウンドメディアとは、企業が運営しているサイトです。

オウンドメディアの記事作成の業務内容は、記事の企画や執筆などです。

基本的にはクライアントから指示されたキーワードから、自分で構成を作って執筆していきます。

そのキーワードを調べた人が欲しい情報を得られるような内容にすることで、Googleの検索順位の上位を取れる良い記事を完成させることが可能です。

僕
僕がWEBライターとして請け負っている案件の多くも、オウンドメディアの記事作成です!

ECサイトの商品紹介ページの作成

ECサイトの商品紹介ページの作成は、商品を紹介する文章を書いて読者に購入を促す技術であるセールスライティングのが求められる仕事です。

購入者がどのような意図を持って紹介する商品を購入するのかを理解することで、魅力的な文章を書くことができます。

商品の特徴を紹介するだけでは購入したいと思わないので、購入したらどのようなメリットがあるのかを伝えることが商品紹介するにおいて効果的です。

セールスライティングが得意な人であれば、高単価で受注できる仕事内容になります。

僕
セールスライティングができる人材は非常に少ないので、スキルを身に付けて挑戦するのも選択肢の1つですよ!

WEB広告・ホームページの文章

WEB広告やホームページの文章作成は、ネットで出てくる広告やホームページの文章を執筆して、ユーザーに購入やお問い合わせを促す仕事になります。

現在は広告の大半がWEB広告になり、紙チラシ広告のように絶対にユーザーの目に止めることはできません。

ユーザーが興味を持つようなキャッチコピーで広告をクリックを促し、サイトへ流入させてから購入やお問い合わせを達成できるようなセールスライティングを執筆する技術が必要です。

またホームページはGoogleの検索順位で表示されるように、SEO対策を行わなければいけません。ホームページの文章はSEOの評価に大きく影響があるので、SEOライティングができるライターが求められます。

僕
セールスライティングやSEOライティングができると、WEB広告・ホームページの文章を執筆することができますよ!

セミナーなどの文字起こし

セミナーなどの文字起こしをするのも、WEBライターの仕事内容の1つです。

文字起こしをする理由は複数ありますが、基本的にはYouTubeの字幕に使ったり、記事にすることになります。

セミナーの他には、インタビューやYouTube動画の文字起こしもあるようです。

話している人の滑舌などもあるので、一言一句間違えずに文字起こしするのは大変なことですが、しっかりと内容を汲み取れる人材であれば仕事を受注できます。

僕
文字起こしは特に専門的なスキルが必要ないので、WEBライター初心者でも挑戦できますよ!

YouTubeやセミナーの台本作成

YouTubeやセミナーなど、人前で話す時に話す内容を決める台本を作るのもWEBライターの仕事です。

台本を作成する上で、シナリオを作ることはとても重要になります。シナリオが面白くなければ、ユーザーに言いたいことを伝える前に離脱される可能性が高いです。

読者の心を掴めるシナリオを執筆できるのであれば、YouTubeやセミナーの台本作成に挑戦してみましょう。

WEBライターに必要なスキル6選

それでは、WEBライターに必要なスキルを6つに厳選して解説していきます。

必要な6つのスキル
  • 読みやすい文章を書く能力
  • 情報収集のスキル
  • SEOの基礎知識
  •  WordPressが使用できる

読みやすい文章を書く能力

WEBライターは文章を書く仕事なので、読者が読みやすいと感じる文章を書く能力が必要になります。

読みやすい文章を書くコツは非常に多いので、下記の記事で解説しておきました。

(近日公開)

情報収集のスキル

WEBライターは色々な記事を書きますが、その全てが自分の知識で執筆できるとは限りません。

基本的には、インターネット上の情報を参考にしてライティングするケースがほとんどです。

その為、WEBライターにはインターネットの情報を正確に収集して、オリジナルの記事として執筆する技術が求められます。

僕
WEBライターには、ネット上の「正しい情報」と「間違った情報」を見分けられるスキルが必要ですよ!

SEOの基礎知識

WEBライターは執筆した記事が多くの人に見られるように、SEO対策の知識を持っておく必要があります。

SEO対策とは、Googleの検索順位で記事を上位に表示させる為の施策です。

どれだけ読みやすくて良い記事を書いたとしても、検索順位で上位を取らなければクリックされることはありません。

自分が執筆した記事が検索順位の上位に表示されると、評価が上がり継続案件を受注できる可能性が高いです。

言い換えると、検索上位に表示されない記事を執筆するライターは価値がないので、仕事が無くなります。

僕
WEBライターには、SEOの知識が必須ですよ!

WordPressが使用できる

オウンドメディアの多くはWordPressでサイトが構築されてるので、WEBライターはしっかりと扱えるようにしておきましょう。

WordやGoogleドキュメントで納品する案件もありますが、WordPressに直接執筆を依頼する案件も多いです。

WordPressが扱えないと受注できる案件の幅が減るので、しっかりと学習して下さい。

僕
WordPressで記事執筆ができると、単価を上げることもできますよ!

高単価案件を取る為の付加価値

本気で稼ぎたいと考えているのであれば、ライティング技術だけでなく、付加価値になるスキルを身に付けて、他のWEBライターと差別化を作りましょう。

現時点でWEBライターは飽和状態になっていて、差別化できるスキルがなければ案件を受注するのが難しい状況になっています。

  • SEOライティング
  • セールスライティング
  • WordPressの記事装飾

上記は、WEBライターが絶対に持っておいた方が良いスキル・知識になります。

しかしながら、現状のWEBライターの多くは文章が書けるだけなので、スキルを増やせば高単価の案件を取ることは十分に可能です。

僕
WEBライターになるなら、付加価値になるスキルを習得するようにしましょう!

案件獲得の営業能力

WEBライターは会社員のように仕事が降ってくる訳ではないので、自分で案件を受注する営業力が必要になります。

どれだけ多くのスキルを持っていたとしても、仕事を受注しなければお金は稼げません。

例えばクラウドソーシングの場合だと、多くの人が1つの案件に対して応募するので、その中から選んでもらえるように営業メールにこだわることが大切になります。

僕
しっかりと営業しなければ、スキルを身に付けることはできませんよ!

WEBライターが用意するべきもの4選

それでは、WEBライターを始める人が用意しなければいけない物を解説していきます。

用意するべきもの
  • パソコン・スマホ
  • ポートフォリオ
  • チャットワーク
  • WordかGoogleドキュメント

パソコン

ネット上で文章を書く仕事なので、パソコンは必須になります。

スマホでも問題ないと言っている人もいますが、WordPressの操作などはパソコンで行うことになるので、絶対に用意しておきましょう。

WEBライターとして案件を受注できるようになれば、すぐにパソコン代は回収できる為、絶対に購入しておきましょう。

僕
私もWEBライターの仕事は、全てパソコンで行っています!

ポートフォリオ

案件を受注できる可能性を広げる為に、ポートフォリオを用意しておきましょう。

特に実績がないWEBライターは、クライアント側からすると技術が判断できないので、案件を発注したいとは思いません。

実績が十分にあるなら良いですが、これからWEBライターを始める人はポートフォリオを用意しておくことをおすすめします。

僕
私もWEBライターを始めた頃は、ブログをポートフォリオにして営業していましたよ!

チャットツール

WEBライターは基本的にチャットツールを使ってのコミュニケーションになるので、用意しておきましょう。

  • チャットワーク
  • Slack
  • Skype
  • Messenger

基本的には、上記の4つを用意しておけば問題ありません。他のツールを指示された際は、その都度で用意しましょう。

僕
僕はチャットワークを指定されることが多いです!

WordかGoogleドキュメント

基本的にWEBライターはWordかGoogleドキュメントで納品を指示されるので、絶対に用意しておきましょう。

Wordはネットで無料で使うことができますし、GoogleドキュメントもGoogleアカウントを作るだけで利用できます。

僕
WordとGoogleドキュメントは必ず用意しておきましょう!

WEBライターに向いている人の特徴4選

今までの記事を読んで、WEBライターになるか悩んでいる人は多いでしょう。

そこで、WEBライターに向いている人の特徴を4つに厳選して解説していきます。

ライターが向いている人
  • タイピングが早い
  • 自宅で稼ぎたい
  • 文章を書くのが好き
  • スケジュール管理を徹底できる

タイピングが早い

WEBライターは文字単価で収入を得ているので、案件を早く終わらすことができれば時給短歌を上げることができます。

同じ文字単価と仮定して、1時間に1000文字打てる人と2000文字打てる人では2倍の収入の差が出てきます。

アスカ
アスカ
全くタイピングが早くないから、WEBライターは向いていないかも…。

上記のように考える人も多いですが、ライティングをしているうちにタイピングスピードは上がってくるので、今遅いから向いていないということはありません。

タイピングのスピードは練習することで早くなるので、そこまで重要視しなくても大丈夫です。

自宅で稼ぎたい

自宅で稼ぎたいと考えている人は、パソコン一台あれば作業ができるWEBライターは非常におすすめです。

アルバイトや会社員だと行くために服を着替えて髪の毛のセットなどで身なりを整え、満員電車に乗って通勤しなければいけません。

それだけでなく、時給や給料は簡単に上がらないので、自宅で稼げるスキルを身に付けるのは非常に良い選択です。

僕
僕もWEBライターなので、外出しなくても仕事ができますよ!

文章を書くのが好き

文章を書くのが好きな人にとって、WEBライターは天職と言える仕事です。

業務のほとんどが執筆になるので、文章を書くのが好きな人は非常に魅力的な仕事と言えるでしょう。

僕
文章を書くのが好きな人は、是非WEBライターに挑戦して下さい!

スケジュール管理を徹底できる

WEBライターの業務は納期が定められているので、スケジュール管理を徹底して業務を遂行できる人材でなければいけません。

素晴らしい文章を書くことができても、納期に遅れると一気に評価が下がり、案件を受注するのが難しくなります。

言い換えると、早く納品する人はクライアントに評価されやすく、継続的に案件を受注できる可能性が高いです。

僕
納期など仕事のスケジュールを1人で管理できる人は、WEBライターに向いていますよ!

WEBライターを始める3つの方法

今までの記事を読んで、WEBライターになりたいと思った人は多いでしょう。

最後に、WEBライターを始める為の方法を3つ解説していきます。

WEBライターを始める方法
  • クラウドソーシングで案件応募
  • オウンドメディアに直営業
  • 企業に入社する

クラウドソーシングで案件応募

WEBライターになりたいのであれば、クラウドソーシングで募集されている案件に応募していきましょう。

WEBライター初心者の人には、クラウドソーシングを使う方法が一番簡単なのでおすすめです。

しかしながら、クラウドソーシングは多くの人が利用しているので、実績の無い始めたてのWEBライターが案件を受注できる確率は低くなります。

最初はコスパが悪くても、低単価で自分が受注できそうな案件には積極的に応募して実績を作ることが重要です。

プロフィールを充実させることやポートフォリオを作るなど案件をもらえなくてもできることもあるのでとにかく行動に移すことが大切です。

オウンドメディアに直営業

ある程度のスキルがあるなら、オウンドメディアに直営業するのも選択肢の1つです。

クラウドソーシングでは仲介手数料が発生しますが、直営業をすれば仲介手数料が掛からない為、高単価で仕事をすることができます。

自分で企業を選んで売り込むことができるので、得意分野の仕事に限定することも可能です。

もちろん、実績のない状態でオウンドメディアに直営業しても意味がないので、まずはクラウドソーシングで実績を作ることが重要になります。

僕
ある程度の実績が溜まれば、オウンドメディアに直営業をして収入アップを目指しましょう!

企業に入社する

最も低リスクでWEBライターを始めたいのであれば、一般企業に入社して業務を経験するのも選択肢の1つです。

就職することで固定給になるので収入を圧倒的に増やすことはできませんが、安定した生活を送ることができます。

しかしながら未経験から正社員として採用する企業は少なく、基本的にはアルバイトとして経験を積んでから正社員として採用される場合が多いです。

また企業に入社すると、ライティング以外の雑務を行わなければいけません。

僕
僕はWEBライターとして正社員で働くのは、あまりおすすめしませんよ!

WEBライターとは:まとめ

本記事では、WEBライターになりたい人向けに何が必要で何をするべきなのかを解説しました。

ライターが向いている人
  • タイピングが早い
  • 自宅で稼ぎたい
  • 文章を書くのが好き
  • スケジュール管理を徹底できる

上記のような人は、WEBライターに向いているので、是非挑戦してみて下さい。