ライター・ブロガー

【徹底比較】WEBライターとアフィリエイトの3つの違いとは?

アスカ
アスカ
これから何かで稼ぎたいと考えているんですけど、WEBライターとアフィリエイトの違いについて知りたいです!

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

これから、WEBライターとアフィリエイトを選択する人は非常に多いです。しかしながら、WEBライターとアフィリエイトの違いを理解している人は多いでしょう。

そこで本記事では、WEBライターとアフィリエイトの違いや注意点について徹底解説しました。

WEBライターやアフィリエイトについて知りたい人は、是非最後までご覧下さい。

  • WEBライターやアフィリエイトについて知りたい

WEBライターとアフィリエイトの3つの違い

それでは、WEBライターとアフィリエイトの違いを3つに分けて解説していきます。

3つの違い
  • 稼ぎ方
  • 収入ができるまでの期間
  • 稼げる金額

稼ぎ方

WEBライターとアフィリエイトは、報酬の稼ぎ方に大きな違いがあります。

WEBライターの場合

WEBライターの場合は、クラウドソーシングなどを介してクライアントからの発注を受け、記事を執筆して納品すると収益が発生する労働集約型の稼ぎ方になります。

案件を受注して納品すると確実に収益が発生するので、すぐにでも収入を得たいと考えているのであれば、 WEBライターの稼ぎ方がおすすめです。

WEBライターの副業の始め方や手順を徹底解説【20万円稼いでます!】これからWEBライターの副業を始めたいと考えている人は多いでしょう。本記事では、WEBライターとして月20万円を稼げた私が、副業の始め方や手順、メリットやデメリットを徹底解説しました。これからWEBライターの副業を始めたいと考えている人は、是非最後までご覧下さい。...

アフィリエイトの場合

アフィリエイトは、自身が運営するWEBサイト上に記事を投稿して、アドセンス広告やアフィリエイト広告などで収入を得る稼ぎ方になります。

アドセンス広告はクリックされると収益が発生しますが、アフィリエイト広告はクリックされて商品が購入された際に収入が発生する形です。

WEBライターは案件を納品することで確実に収益を発生させることができますが、アフィリエイトはユーザーが広告をクリックしたり商品を購入するまで収益が発生しません。

しかしながら、自分が運営するサイトに多くの人が集まって収益が発生するようになれば、広告を貼っておくだけで稼げるようになるので、最終的には不労所得になります。

僕
WEBライターとアフィリエイトの稼ぎ方は違うので、自分に合っている方を選びましょう。

収入ができるまでの期間

WEBライターとアフィリエイトは、収入を得られるまでの期間にも違いがあります。

WEBライターの場合

WEBライターの場合には、案件を受注して納品するだけで、すぐに収入を得ることができます。

言い換えると、今からWEBライターの案件を受注して納品すれば、今日に稼ぐことが可能です。

【誰でも簡単】未経験からWEBライターになる方法|3つのアドバイスあり未経験からWEBライターになりたいと考えている人は多いでしょう。本記事では、未経験からWEBライターになる方法や覚悟しておくべきことなどを徹底解説しました。それだけでなく、どのような手順でWEBライターになっていけば稼げるようになるのかなどもまとめています。興味がある人は、是非最後までご覧下さい。...

アフィリエイトの場合

アフィリエイトの場合には、収入を得られるまでには最低でも半年ほどの期間は必要になると覚悟しておきましょう。

まずアフィリエイトを始めるには、下記のような作業が必要になります。

  • ブログの立ち上げ
  • SEOやライティングの学習
  • 記事の作成と投稿

上記の作業をして記事の投稿を始めても、すぐに稼げるようになりません。執筆した記事がGoogle検索の上位に表示されるまで、少し期間が必要です。

僕
早く稼ぐのであればWEBライター、長期的に時間が掛かっても不労所得を作りたいのであればアフィリエイトと覚えておきましょう!

稼げる金額

稼げる金額ですが、WEBライターもアフィリエイトも努力次第では100万円を超えることも十分に可能です。

しかしながら、基本的にはWEBライターの収入は3万円〜30万円、アフィリエイトの収入は0円〜10万円程度になると思っておきましょう。

本気で頑張れば、WEBライターもアフィリエイトも稼げるので、興味があれば積極的に挑戦してみることをおすすめします。

WEBライターがアフィリエイトも行うべき4つの理由

アスカ
アスカ
結局、WEBライターとアフィリエイトはどっちの方が良いの??

上記のように迷っている人は、WEBライターとアフィリエイトの両方を挑戦しましょう。

4つの理由
  • 収入源を増やせる
  • スキルを上げられる
  • ポートフォリオになる
  • 文字単価を上げやすい

収入源を増やせる

WEBライターがアフィリエイトを始めれば、案件だけでなくブログからの広告収入も得られるので、収入源を増やすことができます。

WEBライターの稼ぎ方は労働集約型なので、すぐに収益を作ることはできますが、永遠に働かなければ稼ぐことはできません。

アフィリエイトは不労所得なので、収入を得られるまでに時間は掛かりますが、稼げるようになると働かなくても収益を得られるようになります。

僕
WEBライターとして確実に稼いで、アフィリエイトで徐々に不労所得を目指すことをおすすめします。

スキル・単価を上げられる

WEBライターがアフィリエイトを始めることで、スキルを上げることも可能です。

アフィリエイトを始める時には、下記のスキルを学ぶことができます。

  • サイトの設計
  • キーワード選定
  • WordPressの操作
  • SEOライティング
  • セールスライティング

アフィリエイトを経験して上記のスキルを身に付けることができれば、WEBライターとして受注する案件の単価を上げることも可能です。

僕
WEBライターとアフィリエイトは相乗効果があるので、絶対に両方やるべきですよ!

ポートフォリオになる

WEBライターがアフィリエイトサイトを構築していると、営業する際にポートフォリオに利用することができます。

ポートフォリオとして提出できるのは、下記のようなものです。

  • 過去に執筆した記事のURL
  • 過去に執筆した原稿のファイル
  • 自分のブログ・アフィリエイト記事
僕
WEBライターとして実績がないのであれば、アフィリエイトサイトを構築してポートフォリオするのも選択肢の1つです!

WEBライターがアフィリエイトを始める5つの手順

今までの記事を読んで、アフィリエイトを始めたいと考えている人も多いでしょう。

そこで、アフィリエイトを行う手順を5つ紹介していきます。

5つの手順
  1. ライターの案件を回してスキルを習得
  2. ライターとして稼ぎながらブログを解説
  3. 学んだことを活かしてブログに記事を投下
  4. SEOで徐々に検索順位を上げていく
  5. ブログで収益が生まれたら新しいメディアを開設

①WEBライターの案件を回してスキルを習得

まずは、WEBライターとしてとにかく多くの案件を回してスキルを身に付けましょう。

WEBライターとして稼げる技術が無ければ、アフィリエイトとして稼ぐのは難しいです。

アフィリエイトを始めるまでには、ライターとしての最低限のスキルは身に付けておかなければなりません。

僕
まずはWEBライターとして案件を受注して、スキルを習得してからアフィリエイトを始めましょう!

②ライターとして稼ぎながらブログを開設

WEBライターとして稼げるようになれば、ブログを開設しましょう。

ここで重要なのは、ライターとしての仕事を続けながらブログを始めるということです。

アフィリエイトを始めてからある程度の収益を得られるまでには一定の期間が必要になる為、始めは同時進行で進めることをおすすめします。

僕
僕もライターとして稼げるようになってから、このブログを本格的に始めましたよ!

③学んだことを活かしてブログに記事を投下

ブログを始める際にはジャンル選定が非常に重要になりますが、自分が学んで知っているジャンルの記事を投下していくことをおすすめします。

自分が知らないジャンルだと、記事を作成するのに多くの時間が掛かるので、継続するのが難しいです。

全く自分が知らない稼げるジャンルを選定する人も多いですが、初心者は絶対に辞めておきましょう。

僕
ブログを無理なく続ける為には、自分が知っている学んだジャンルがおすすめですよ!

④SEOで徐々に検索順位を上げていく

ブログで記事を投稿できる状態になれば、SEO対策でサイトの検索順位を上げていきましょう。

検索順位を上げなければ、どれだけ良い記事だとしてもユーザーに読まれることがないので、収益を作ることができません。

SEO対策とは記事やサイトの検索順位を上げる施策で、アフィリエイトを行う上で絶対に必要なスキルになります。

僕
アフィリエイトを行うのであれば、SEO対策は絶対に必須のスキルだと覚えておきましょう!

⑤ブログで収益が出来たら新しいメディアを開設

最初に開設したブログである程度のアフィリエイト収益を得られたら、次は新しいブログを開設しましょう。

もちろん、一つのブログだけを運営するという方法もありますが、収益の面を考えれば複数のメディアを持っていた方が収入源が分散されて、リスク回避を行えます。

僕
1つのサイトだけ運営しているのはリスクがあるので、複数のブログを持つことをおすすめします!

WEBライターがアフィリエイトを始める際の注意点

今までの記事を読んで、アフィリエイトを始めたいと考えているWEBライターも多いでしょう。

最後に、WEBライターがアフィリエイトを始める際の注意点を4つ解説していきます。

4つの注意点
  1. ブログで稼げるまでライターは辞めない
  2. Googleアップデートで一気に稼げなくなる可能性
  3. アフィリエイトを怪しいと思っている人がいる
  4. 先にアフィリエイトを始めても稼げる可能性は低い

ブログで稼げるまでライターは辞めない

WEBライターの仕事は、ブログで稼げるようになるまでは辞めないようにしましょう。

  • アフィリエイトで稼げるようになるまでにはある程度の期間が必要
  • WEBライターの仕事がアフィリエイトよりも安定している

上記の2点を考慮すると、WEBライターの仕事を捨ててアフィリエイトだけに集中するのはリスクが非常に高いと言えるでしょう。

基本的にはWEBライターの仕事で安定した収益を作って、アフィリエイトは稼げればラッキーぐらいの感覚でやることをおすすめします。

僕
僕もWEBライターとして、毎月20万円を稼げるようになってから、このブログを本格的に始めましたよ!

Googleアップデートで一気に稼げなくなる可能性

アフィリエイトは、Googleアップデートで検索順位が大きく下がり、一気に稼げなくなる可能性があります。

「Googleアップデート」とは、定期的に検索結果の順位を決めるプログラム(Googleアルゴリズム)を更新する作業みたいなものです。

検索エンジンに登録された全てのサイトを正しく評価するために定期的に行われる作業ですが、順位を決めるプログラムが変わることによって検索順位が一気に変わります。

Googleアップデートによって検索順位が上がることもありますが、下がることもあるので、注意しておきましょう。

僕
アフィリエイトで月200万円を稼いでいた人が、アップデートによって月10万円程度に収入が減ることもありますよ!

アフィリエイトを怪しいと思っている人がいる

アフィリエイトを怪しいと思っている人も多いので、注意しておく必要があります。

しかしながら、アフィリエイト自体は全く違法では(薬事法などで違法になる可能性はあり)なく、これによって収益を得ることは何ら問題のある行為ではありません。

僕
アフィリエイトを怪しいと思ってる人が多いことは覚えておきましょう!

先にアフィリエイトを始めても稼げる可能性は低い

WEBライターより先にアフィリエイトを始めても、必要な能力やスキルが理解できていないので、稼げる可能性は低くなります。

基本的にはWEBライターとして案件を回して、SEOやセールスライティングを学んでからアフィリエイトに参入した方が稼げる可能性は一気に高くなるでしょう。

WEBライターとして案件を回せば、プロからフィードバックを貰えるので、独学でブログを構築してアフィリエイトを始めるより、圧倒的に早くスキルを習得できます。

僕
WEBライターとして活動してスキルを身に付けてからアフィリエイトを始めることで、大きな収益を期待することができますよ!

まとめ

本記事では、WEBライターとアフィリエイトの違いなどについて解説していきました。

WEBライターは安定して収益を作れますが、働かなければ収益を作ることができません。アフィリエイトは不安定で稼げる保証はありませんが、働かなくても収益が発生する不労所得を得られる可能性があります。

どちらもメリットとデメリットがありますが、基本的には最初はWEBライターとしてスキルと安定した収益を得てから、アフィリエイトに挑戦することをおすすめします。

アフィリエイトで稼げるようになれば、働かなくても収益が発生するので、生活が非常に豊かになるでしょう。

僕
稼ぎたいのであれば、WEBライターとアフィリエイトの両方に挑戦しよう!