ライター・ブロガー

【悲報】WEBライターが稼げない3つの理由|意識するべきことは?

アスカ
アスカ
WEBライターとして活動したいと考えているんですけど、稼げないという評判を見かけることが多いです。

WEBライターって、本当に稼げないんですか??

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

これからWEBライターを始めたいと考えている人の中で、稼げないという不安を覚えている人は多いでしょう。

そこで本記事では、WEBライターが稼げないと言われている理由や、稼ぐ為に意識することを徹底解説していきます。

僕
WEBライターとして活動している私が経験談から執筆しているので、是非ご覧下さい。
【誰でも簡単】未経験からWEBライターになる方法|3つのアドバイスあり未経験からWEBライターになりたいと考えている人は多いでしょう。本記事では、未経験からWEBライターになる方法や覚悟しておくべきことなどを徹底解説しました。それだけでなく、どのような手順でWEBライターになっていけば稼げるようになるのかなどもまとめています。興味がある人は、是非最後までご覧下さい。...
【経験者が解説】WEBライターとは?主な仕事内容や6つの必要スキルありこれからWEBライターとして活動していきたいと考えている人は多いでしょう。しかしながら、大半の人はWEBライターを上手く認識することができていません。そこで本記事では、経験者の私が主な仕事内容や必要スキルについて徹底解説しました。これからWEBライターを目指す方は、是非ご覧下さい。...

WEBライターが稼げないと言われる3つの理由

まずは、WEBライターが稼げないと言われる理由を3つ解説していきます。

稼げない3つの理由
  • 競合が多すぎて案件を取れない
  • 文字単価が安くなっている
  • メディア構築に力を入れる企業が減っている

競合が多すぎて案件を取れない

WEBライターは、パソコンを持っていてる人であれば誰でも始めることができるので、参入障壁が低くライバルが非常に多いです。

そのため、WEBライターの案件が募集されれば、一斉に多くの人達が応募します。

僕
1つの案件に50人が応募するケースも普通にありますよ!

ライバルとなる競合がたくさん存在しているのがWEBライターの現状で、稼ぐのが難しくなっていると言えるでしょう。

僕
WEBライターは競合が多いと覚えておきましょう!

文字単価が安くなっている

WEBライターは数が増えているので、文字単価が安くなっているという傾向があります。

一般的には文字単価1円が相場とされていますが、0.5円や0.1円の案件も普通に存在しているのが現状です。

もちろん文字単価が高い案件も一定数はありますが、そのような案件には応募が殺到して受注できる可能性は低くなっています。

そのため、最終的には安い文字単価の案件を受注するWEBライターが多くなり、稼げないという評判が出回っています。

僕
WEBライターは文字単価が安くなっていますよ!

メディア構築に力を入れる企業が減っている

メディア構築に力を入れている企業が減ってきているので、WEBライターの需要が少し下がっているという現状があります。

WEBライターの案件は、企業の商品やサービスを宣伝する目的のものが多いです。しかしながら、近年は多くの企業がYouTubeやSNSといった媒体での宣伝に力を入れています。

そのため、従来のようにWEB上にメディアを構築して、多くの記事を掲載してアピールするといったケースは減っているのです。その結果として、WEBライターを募集する案件が減っています。

僕
メディアよりYouTubeやSNSに力を入れている企業が多くなっているので、記事制作の案件が減っていると覚えておきましょう!

WEBライターは稼げます

僕
WEBライターは十分に稼ぐことができますよ!

私は、WEBライターとWEB制作で大学3年生の9月に開業しました。

月に20万円〜30万円を稼げるようになっていて、最高月商は44万円を達成しています。

WEBライターは十分に稼ぐことができるので、挑戦する価値は十分にあると言えるでしょう。

稼げるWEBライターの特徴や、稼ぐ為にやるべきことは下記の記事をご覧下さい。

【経験談あり】WEBライターは本当に稼げるのか?|やるべきこと11選これからWEBライターとして活動したいと考えている人は多いでしょう。しかしながら、本当に稼げるのか疑問を持っている人は多いはずです。そこで本記事では、WEBライターは本当に稼ぐことができるのか徹底解説しました。自分の実体験から記事を書いているので、稼ぎたいと考えている人は是非最後までご覧下さい。...

稼げないWEBライターの7つの特徴

先ほどWEBライターは稼げると解説しましたが、稼げないWEBライターが存在するのも事実です。

そこで、稼げないWEBライターの特徴を7つに厳選して解説していきます。

稼げない特徴7選
  • 能力が低い
  • 対応できる業務の幅が少ない
  • 文字単価が低い案件に応募している
  • 案件を受注できていない
  • タイピングが遅く文字が量産できない
  • 継続案件に繋げられない
  • 得意なジャンルがない

能力が低い

能力の低いWEBライターは、ライバルから案件を取ることができないので、お金を稼ぐことができません。

案件を取れないのであれば、能力が低い可能性があるので、学習してスキルを習得する必要があります。

僕
WEBライターとして本気で稼ぎたいのであれば、能力が高いというのは大前提ですよ!

対応できる業務の幅が少ない

対応できる業務の幅が少ないWEBライターは、受注できる案件が減るので稼ぐのが難しくなります。

WEBライターは文字を書くだけが仕事ではなく、他にもさまざまな業務を求められる可能性が高いです。

  • 記事の構成(重要)
  • 執筆
  • 記事の装飾
  • WordPressの操作(重要)
  • SEO対策(重要)
  • アイキャッチ画像の選定

上記のような業務を請け負えるWEBライターは、対応できる業務の幅が多いので応募できる案件の数を増やせます。

僕
簡単な案件は単価が安く設定されていることが多いため、稼げません。

複数の業務を請け負えるようになれば、WEBライターとして十分に稼ぐことができますよ!

文字単価が低い案件に応募している

文字単価が低い案件に応募しているWEBライターは、どれだけ多くの案件を回しても稼ぐことができません。

基本的には文字単価1円以上の案件を受注するべきですが、お小遣い稼ぎの為に0.5円や0.1円の案件を受注する人は少なくありません。

僕
本気でWEBライターとして稼ぎたいのであれば、積極的に単価アップを狙って行動に出ることが大切です!

案件を受注できていない

WEBライターとしてのスキルは持っているにも拘わらず、案件を受注できない人は多いです。

スキルを持っているにも拘わらず案件が受注できない理由として、営業力が低いという可能性があります。

僕
どれだけ高いスキルを持っていても、営業力がなければスキルを習得することができませんよ!

タイピングが遅く文字を量産できない

WEBライターは文字単価で案件の収入が決められているので、タイピングを早くして文字を量産しなければ時給単価が低くなり、稼ぐことができません。

文字単価が1円だと仮定して、1時間に1000文字を執筆できる人と、1時間に2000文字を執筆できる人では、時給に大きな差が生まれます。

僕
WEBライターであれば、タイピングを早くできるようにしましょう!

継続案件に繋げられない

継続案件に繋げられないWEBライターは、安定した収入を得られないので稼ぐことができません。

複数のクライアントから継続案件を得ることができれば、安定した収入源を確保できます。

  • 質の高い記事を納品する
  • レスポンスを早くする
  • コミュニケーションを丁寧にする

WEBライターが継続的に案件を受注するには、上記のようなことを意識しましょう。

僕
WEBライターとして安定して稼ぎたいのであれば、継続案件を受注できるようにしましょう!

得意なジャンルがない

得意ジャンルを持っていないWEBライターは、単価が上げることができません。

もちろん得意ジャンルを持っていないWEBライターでも稼ぐことはできますが、専門的な知識が必要なジャンルを執筆できれば単価を上げやすいです。

僕
ライバルと差をつけることができる得意なジャンルを持っていることで、稼ぐことができますよ!

稼げないWEBライターが意識すること5選

稼げないWEBライターは、これから紹介する5つのことを意識することで、一気に稼げるようになります。

意識すること5選
  • 実績を増やしていく
  • 身の丈に合う案件に応募する
  • クラウドワークスに頼らない
  • 営業文が最も重要と理解する
  • 新しいスキルを学習する

実績を増やしていく

WEBライターを探しているクライアントは実績を重視しているので、案件を獲得する為には実績を増やしていくしかありません。

クライアントは、きちんと仕事をこなして納品してくれるライターを求めています。

実績を持っているWEBライターであれば、しっかりと仕事をこなして納品していると証明することが可能です。

初心者WEBライターは、最初のうちはどのような案件でも積極的に応募して実績を作るようにしましょう。

僕
実績を積み重ねていくことで、将来的には安定して稼ぐことができますよ!

身の丈に合う案件に応募する

稼ぐために文字単価が高い案件に応募する初心者WEBライターは多いですが、スキルや実績が見合っていないので、案件を受注できる可能性は低く稼ぐことができません。

また身の丈に合っていない案件に応募したとしても、求められたレベルの記事を納品できないと受理されずにトラブルになります。最悪の場合は、報酬が支払われない場合もあります。

案件を獲得するまでに時間を多く奪われて、納品時にトラブルになる可能性もある為、身の丈に合う案件を受注することは非常に重要です。

僕
身の丈に合う案件に応募することで、早く実績を増やして納品時のトラブルも防ぐことができますよ!

クラウドワークスに頼らない

WEBライターが案件を探す際にクラウドワークスを利用するケースが多いですが、本気で稼ぎたいのであればおすすめしません。

基本的に、クラウドワークスに掲載されている案件の文字単価は低いです。それだけでなく、手数料も取られるので稼ぐのが難しい傾向があります。

本気でWEBライターとして稼ぎたいと考えているのであれば、クラウドワークスに頼るだけではなく、企業から直接案件を貰えるようにしましょう。

僕
僕もクラウドワークスと直案件の2つで稼げていますよ!クラウドワークスに頼るのは絶対に辞めましょう!

営業文が最も重要と理解する

WEBライターは基本的にはメールで営業を行うので、案件を受注するには営業文が最も重要だと覚えておきましょう。

どれだけ優れたスキルを持っているWEBライターでも、クライアントにアピールできなければ案件を受注することはできません。

営業文の文章の書き方や内容に問題があれば、WEBライターとしての技術も疑われるため注意してください。

僕
案件を受注できない人は、営業文を見直すのも選択肢の1つです!

新しいスキルを学習する

稼げないと悩んでいるWEBライターは、新しいスキルを習得することで受注できる案件の幅を広げられる為、単価の高い案件を受注することができます。

ほとんどのWEBライターは文章の執筆しかできないので、スキルを増やせば単価を上げるのは難しくありません。

  • セールスライティング
  • SEOの知識
  • ワードプレスでの記事装飾

上記のようなスキル・知識を持っていると、文字単価の高い案件を受注することができます。

僕
単価の高い案件を受注したいのであれば、複数のスキルを習得するようにしましょう!

稼げないWEBライターが稼ぐためにやること4選

稼げないWEBライターの中で、本気で稼ぎたいと悩んでいる人は多いでしょう。

そこで、稼ぐ為にやるべきことを4つの手順で解説していきます。

稼ぐ為にやること
  1. ポートフォリオを作る
  2. 文字単価の低い案件を回して実績作り
  3. 実績を作って文字単価の高い案件に応募
  4. 直営業も増やしていく

①ポートフォリオを作る

初心者WEBライターは実績がないので、能力をアピールする為にポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオを持っていることで、実績がなくても案件を取りやすくなります

僕
WEBライターが作成するべきポートフォリオは、下記の記事をご覧下さい!
WEBライターがポートフォリオを持つメリット5選【注意点あり】これからWEBライターとして活動したいと考えている人は多いでしょう。しかしながら、案件を受注できないと悩んでいる人も多いはずです。そこで本記事では、初心者WEBライターが持っておくべきポートフォリオについて徹底解説しました。これからWEBライターとして活動をする人は、是非最後までご覧下さい。...

②文字単価の低い案件を回して実績作り

初心者WEBライターは実績を作ることが大切になってくるので、文字単価の低い案件でも良いので実績を作っていきましょう。

最初は稼げなくても、実績を積み上げていくこと文字単価の高い案件を取ることができるようになります。

文字単価が低い案件を永遠に受注していると、一生稼ぐことができないので注意して下さい。

③実績を作って文字単価の高い案件に応募

ある程度の実績を積むことができれば、積極的に文字単価の高い案件に応募するようにしましょう。

文字単価の高い案件を受注しなければ、WEBライターとしての価値が全く上がらないので、稼ぐことができません。

実績があれば十分に高単価の案件を受注できるようになるので、積極的に挑戦するようにしましょう。

僕
WEBライターの初心者は、最初は文字単価1円の案件を受注できるように目指しましょう!

④直営業も増やしていく

実績とスキルを身に付けていくことができれば、クラウドソーシングなどを活用するだけではなく、直営業も行っていきましょう。

直営業で受注する案件は高単価のケースが多く、クラウドソーシングのように手数料を取られることが無いので、収入を増やすことが可能です。

SNSやオウンドメディアなどに直接営業して、高単価の案件を獲得するように目指しましょう。

僕
WEBライターとして本気で稼ぎたいと考えているのであれば、直営業を増やしていきましょう!

WEBライターは稼げない:まとめ

本記事では、稼げないWEBライターの特徴や意識するべきことなどを徹底解説しました。

WEBライターは、スキルや営業力があれば十分に稼ぐことができます。

しかしながら、稼げないWEBライターは非常に多いのが現状です。

これからWEBライターとして稼ぐには、下記を意識しましょう。

意識すること5選
  • 実績を増やしていく
  • 身の丈に合う案件に応募する
  • クラウドワークスに頼らない
  • 営業文が最も重要と理解する
  • 新しいスキルを学習する

上記の意識を変えるだけでも、稼げる可能性を一気に上げることができます。

僕
僕はWEBライターとして月20万円程度は稼げているので、スキルや営業力を身に付ければ確実に稼げます!
WEBライターの副業の始め方や手順を徹底解説【20万円稼いでます!】これからWEBライターの副業を始めたいと考えている人は多いでしょう。本記事では、WEBライターとして月20万円を稼げた私が、副業の始め方や手順、メリットやデメリットを徹底解説しました。これからWEBライターの副業を始めたいと考えている人は、是非最後までご覧下さい。...