資格

リテールマーケティング2級の難易度と勉強方法は?【コスパ良き】

エリカ
エリカ
リテールマーケティング2級について知りたいです!

この記事を読めば、リテールマーケティング2級について知ることができます。

アスカ
アスカ
何であなたがこの記事を書けるの?

僕は、販売士2級の資格を持っています。

多くの人は一回で合格したなどの記事を書いていますが、僕は2回目で合格しました。

不合格になった経験から、なぜ不合格になるのかも解説しています。

リテールマーケティング2級に1発で合格した方は、かなり参考になると思います。

リテールマーケティング2級に合格したい方

リテールマーケティング2級の難易度

リテールマーケティング2級は、全く難しくないです。

合格率も50%を超えていることが多いので、2人に1人は合格します。

問題形式もマークシートで回答なので、わからない問題があっても雰囲気で何とかなります。

合格点は7割なので、しっかり勉強すれば合格できるので安心して下さい。

僕
リテールマーケティング2級は、そこまで難しくないですよ!

リテールマーケティング2級の学習時間

リテールマーケティング2級は、50時間あれば合格できます。

色んな記事で、1週間で合格できたなど書かれていますが、1ヶ月〜2ヶ月は勉強して確実に1発合格を目指した方が良いです。

学習期間が1週間だけだと、少なすぎます。

僕は1週間で合格という記事を読んで、ほとんど勉強しないで受験したところ、一度落ちました。

僕
確実に受かるために、1ヶ月〜2ヶ月は勉強しましょう!

リテールマーケティング2級の学習方法

結論、問題を解きまくりましょう。

問題集を買ったら、全て暗記するまで解いた方が良いです。

選択問題は4択ですが、2択に絞ることができるような問題なので、確実に点数をとってください。

ですが、問題集に出てこないような選択問題がテストに出てくると、少し難しいかもしれません。

そこで重要なのは、計算問題の落とさないということ。

計算問題は公式を覚えておけば、確実に解くことができます。

僕が1回目の受験で4点足りなくて不合格になった理由は、計算問題を覚えていなくて0点だったから。

計算問題を覚えて受験に臨んだ2回目は、楽勝で合格しました。

僕
選択問題を解きまくって、計算式を覚えておけば合格できますよ!

リテールマーケティング2級を取るべき理由

リテールマーケティングは、店舗経営で有利に働きます。

例えば、デパートの販売員やスーパーの店員。

店舗経営で有利に働く理由は、下記の3つを学べるから。

  • 接客に関する知識
  • 流通に関した知識
  • 在庫や人材の管理能力

順に解説していきます。

接客に関する知識が身につく

リテールマーケティング2級を取るべき理由の1つ目は、接客に関する知識が身につくから。

販売員なら、接客の知識は最も重要です。

デパートの店員さんなどは、飲食店で働いているアルバイトなんかと同じ接客ではいけません。

僕
接客を学んで、良い販売員になりましょう!

流通に関した知識が身につく

リテールマーケティング2級を取るべき理由の2つ目は、流通に関した知識が身につくから。

海外から商品を流通させる際に、どのような流れになっているか知ることができます。

僕
流通について、しっかり理解しましょう!

在庫や人材の管理能力が身につく

リテールマーケティング2級を取るべき理由の3つ目は、在庫や人材の管理能力が身につくから。

店長などの役職は、全ての管理をすることが大切です。

在庫の管理は、売上に関係します。

人材の管理は、企業の経営に関係します。

僕
上の役職についても、しっかり管理できるようにしましょう!

リテールマーケティングは2級から受験する理由

リテールマーケティングは、2級から受験した方が良いです。

3級からステップアップしていく考え方もありすが、時間の無駄だと思います。

3級で学べることは、2級でも学べます。

2級と3級の難易度も、そこまで変わりません。

実際に、3級より2級の方が合格率が高い時もあります。

僕
リテールマーケティングは、2級から受験していきましょう!

リテールマーケティング2級の合格体験談

僕はリテールマーケティンング2級のテストを2回受けました。

1回目は、計算問題が全くできなくて4点足りなくて不合格に…。

2回目はしっかり計算式の公式を勉強したので、余裕で合格しました。

選択問題の難易度はテストによって変わります。

僕
計算問題は公式を覚えておけば解けない問題はないので、確実にここで点数を稼ぎましょう。

リテールマーケティングはコスパが良い

リテールマーケティングは、コスパが良いと思います。

理由は、資格を取ることで販売士になるという選択肢が増えるから。

アスカ
アスカ
販売士って、将来性はあるの?

これは僕の考えですが、販売士は将来性があります。

というよりかは、仕事を奪われる可能性は低いという話ですね。

デパートによく行くんですけど、店員さんの接客で商品を買ってしまうことが多いです。

仮にAIに接客をされていたら、絶対に買っていなかった商品もあります。

またデパートなどは商品の単価が高いので、他に比べて利益率が良いです。

そのため人件費を使っても、利益率が高いので回収できます。

現時点でもデパートに行くと、店員さんは非常に多いです。

デパートを例に出していますが、他の職業でも販売士は使えます

難易度も他の資格に比べて簡単なので、絶対に取っておいて損はありません。

僕
サクッと、リテールマーケティングの学習を始めましょう!