大学生

大学生は何年生からインターンに行くべき?【手遅れになりますよ】

アスカ
アスカ
大学生になったけど、インターンに行くべきなのかな?

この記事では、何年生からインターンに通うべきかを解説します。

僕は大学2年生からインターンに通っています。

他の大学生に比べて、かなり早くからインターンを経験していると思います。

  1. Web制作会社
  2. テレアポ営業
  3. ECサイト運営

色んなインターンをした経験から、この記事を書いているので信頼して頂いて良いと思います。

インターンを始めようか迷っている大学生

インターンは早くから行くべき

さっそく結論になりますが、インターンは早くから行きましょう。

可能であれば、大学一年生から行くべきです。

アスカ
アスカ
なんで早く行くべきなの?

インターンには大きなメリットがたくさんあります。

  1. スキルが身につく
  2. 実務の経験ができる
  3. 資格を取る手助けになる
  4. 責任のある仕事を経験できる

順に解説していきます。

インターンに行くメリット

スキルが身につく

インターンに行くと、スキルを身につけることができます。

アプリ開発のインターンなら、プログラミングのスキル。

ライターのインターンなら、ライティングのスキル。

ですが、注意してください。

スキルを身につけることができるのは、長期インターンの場合です。

短期インターンではスキルを身につけられないので、注意してください。

実務の経験ができる

インターンに行くと、実務の経験ができます。

僕はWeb制作会社に、インターンへ行きました。

プログラミングを独学していましたが、実務を積んだことで貴重な経験ができました。

他にも会計事務所のインターンは、簿記検定を取っている人には最高の経験になるでしょう。

自分の持っている知識が、実務でどこまで通用するか知れるのが長期インターンです。

資格を取る手助けになる

インターンに行くと、資格を取る手助けになります。

不動産会社のインターンに行くと、宅建の資格を取るための手助けをしてくれる場合があります。

アスカ
アスカ
なんで、会社が手助けをしてくれるの?

僕
会社にもメリットがあるからですよ!

インターン生が宅建を取ってくれると、新卒で入社したときに即戦力になります。

不動産会社だけではありません。

会計事務所のインターン生になると、簿記検定などを習得するための手助けをしてくれる場合があります。

インターンは、学びながら資格を取ることができますね。

責任のある仕事を経験できる

インターンに行くと、責任のある仕事を経験できます。

アルバイトだと、高校生でもできるような簡単な仕事で、ミスをしても大きな問題にはなりません。

インターンはアルバイトと違い、自分で責任を持って仕事をする必要があります。

僕はインターン先で、ECサイトのリニューアルの仕事をしました。

途中で何か間違えて、デザインが酷いことに…。

自分が間違えたので、全て責任を持って解決しました。

今まで働いた飲食店のアルバイトなら、何かあっても社員さんが解決してくれていました。

インターンでは自分の責任が大きくなるので、責任感を持って仕事をできるようになります。

就職に有利になる

インターンは、就職に有利になります。

なぜなら、企業はインターン生の働きぶりを知っているから。

インターンでしっかり働いていたら、インターン先での就職はかなり有利です。

一緒に仕事をして働きぶりを知っているインターン生と、何も知らない面接だけでの印象の就活生のどちらが良いと思いますか?

答えは簡単で、インターン生でしょう。

企業の中には、インターンを経験した人しか採用しない場合もあります。

インターンは、就職にかなり有利になると言えるでしょう。

オススメのインターンの業態

プログラミング

オススメのインターン先の一つ目は、プログラミングに関連する企業です。

なぜなら、プログラマーはこれから絶対に需要のある職業だから。

プログラミングには、色んな種類があります。

  1. Web制作
  2. アプリ開発
  3. システム開発
  4. Webサービス開発
  5. AI開発

全て、今の時代には必要で便利なものです。

あなたは、どれでも良いので興味があるものを選んでインターンに行けば良いと思います。

僕
僕はWeb制作を選びました!

Webマーケティング

オススメのインターン先の二つ目は、Webマーケティングに関連する企業です。

なぜなら、Webマーケティングの需要が伸び続けているから。

つい最近までは、「テレビ広告」が最も大きな集客の方法でした。

ですが、2019年に「ネット広告費」が「テレビ広告費」を追い抜きました。

これからは、さらにWebマーケティングが伸び続けると予測されます。

Webマーケティングを学んでおけば、これからの需要に合わせて仕事に困らなくなるでしょう。

営業職

オススメのインターン先の三つ目は、営業職に関連する企業です。

営業ができる人は、どの企業でも重宝されます。

  • インバウンド営業
  • アウトバウンド営業

どちらも経験でれば良いですが、最初はインバウンド営業から始めた方が良いです。

※インバウンド営業とは、電話やメールを使っての営業。

特にテレアポの仕事は、営業の最初の一歩になります。

営業の仕事は日本中のどこにでもあるので、学生の間にやっておくと、良い経験になるでしょう。

長期インターンと短期インターンの違い

アスカ
アスカ
そもそも、短期と長期のインターンって何が違うの?

長期インターンは、スキルや経験が身につきます。

短期インターンは、企業について少し知ることができます。

短期インターンだとスキルや経験は身につかないので、絶対に長期インターンは経験しておくべきです。

アスカ
アスカ
じゃあ、短期インターンって何であるの?

短期インターンは、就活生が企業を選ぶためにあります。

A社の企業の面接を受ける。(短期インターンに行っていない)

↓↓↓

内定を獲得。

↓↓↓

入社後に、思っていた感じではなかった。

インターンを経験しておけば、このようなことが起きにくくなります。

まぁ、インターンでは良い面しか見られないことも多いですが、確認しておいて損はありませんね。

また短期インターンを受けていると、本当に企業に入りたいというアピールにもなります。

僕
短期も長期も、しっかりメリットはありますよ!

アルバイトとインターンの違い

アルバイトとインターンの違いは、将来のためになるかどうか。

インターンでは、将来に役立つ「経験」や「スキル」が身につきます。

アルバイトが将来の役に立たないわけではないですが、インターンに比べると少し学べることは少ないですね。

将来のことを考えているなら、アルバイトではなくインターンをするべきです。

僕はアルバイトが楽しいので、インターンと掛け持ちをしています。

将来のためになるインターンを、早く始めておきましょう。

長期インターンを選ぶときの注意点

長期インターンを選ぶときのポイントですが、絶対に給料が出るところを選んでください。

悪い会社
悪い会社
私たちは経験を提供してあげているのだから、給料はありません。

上記のような会社に、僕は騙されました。

すぐに辞めたので良かったですが、給料が出ないインターンは無駄です。

確実に、将来のためにならない雑務を回されるだけになります。

給料を払っている会社の方が、仕事をできる人材に育てないと人件費を回収できないので、色んな経験をさせてくれます。

給料を出さない代わりに経験を提供するといった、悪徳企業に騙されないようにしましょう。

インターンを始めて、将来を設計しよう!

インターンを始めることに、デメリットはありません。

僕は2年生の冬から始めましたが、後悔しています。

1年生の春から行っておけば、もっと成長していたに違いありません。

もし将来に対して不安がある方は、インターンに通って少しでも有利な状況を作っておきましょう。

アスカ
アスカ
インターンは、どうやって始めたら良いの

インターンは、バイトと同じようにアプリから面接をして簡単に始められます。

「キャリアバイト」というアプリは、インターンができる企業をたくさん載せています。

他に比べて求人の数も多いので、このアプリで問題ないでしょう。

タウンワークと同じようなアプリで、非常に簡単なのでオススメです。